研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[無線周波またはマイクロ波放射ばく露した哺乳類細胞にストレスタンパクは誘導されない] med./bio.

Stress proteins are not induced in mammalian cells exposed to radiofrequency or microwave radiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1997; 18 (7): 499-505

この研究は、無線周波RF:27MHz)またはマイクロ波(2450MHz)の連続波に2時間ばく露したHeLa細胞とCHO細胞におけるストレスタンパクの誘導を調べた。ばく露擬似ばく露)は、インビトロで、等温(37±0.2℃)条件下で行われた。HeLa細胞には、25W/kgのSARで、27、2450MHzの連続波ばく露を、CHO細胞には、100W/kgのSARで、27MHzの連続波ばく露を行った。ポジティブコントロールとして、両細胞株それぞれに、40℃の温熱または45μM硫化カドミニウムへの2時間のばく露を行った。処置終了の24時間後におけるストレスタンパクの誘導を、[35S]-メチオニンでラベルされた全細胞抽出タンパクの電気泳動測定により調べた。その結果、両方の細胞株とも、ポジティブコントロールストレスに対し、良く知られた通りの反応を示した;RFおよびマイクロ波ばく露群はどちらも、ストレスタンパクの誘導に対する影響を示さなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To test the hypothesis that stress proteins are induced by exposure of mammalian cells to radiofrequency under conditions known to cause physiological changes in cells.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 27 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2 h
  • SAR: 25 W/kg (HeLa cells)
  • SAR: 100 W/kg (CHO cells)
ばく露2: 2,450 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2 h
  • SAR: 25 W/kg (HeLa cells)

ばく露1

主たる特性
周波数 27 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • coaxial line exposure system [Guy, 1977]
チャンバの詳細 Cell suspensions were RF or sham exposed under isothermal conditions (37 ± 0.2 °C).
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Parallel positive control studies included 2 h exposure of cells to 40 °C or to 45 µM cadmium sulphate.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 25 W/kg - - - HeLa cells
SAR 100 W/kg - - - CHO cells

ばく露2

主たる特性
周波数 2,450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 25 W/kg - - - HeLa cells

Reference articles

  • Liu LM et al. (1988): [相転移温度でのリポソームの透過性に対する2.45 GHzマイクロ波および100 MHz無線周波放射の影響]
  • Cleary SF et al. (1985): [高周波界による赤血球溶血]
  • Galvin MJ et al. (1980): [マイクロ波放射とインビトロでの肝臓リソゾームからの酵素放出]
  • Guy AW (1977): [温度および電磁界強度の制御下における電磁界への細胞培養のばく露方法]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results indicate that under the given conditions, neither microwave nor radiofrequency radiation had a detectable effect on stress protein induction as determined by either comparison of radiofrequency-exposed cells with sham-exposed cells or comparison with heat stressed or Cd++ positive control.

研究の種別:

研究助成

関連論文