研究のタイプ: インプラント/医用機器に関する研究 (observational study)

[携帯電話と心臓ペースメーカの干渉] dev./impl.

Interference with cardiac pacemakers by cellular telephones.

掲載誌: N Engl J Med 1997; 336 (21): 1473-1479

この研究は、多施設、前向き、クロスオーバー調査により、心臓ペースメーカを装着した患者(n = 960)において、5種類の電話(アナログとデジタル4種類)との電磁干渉可能性を評価した。評価実験では、電話機をテストモード(最大電力で送信するようにプログラム)に設定し、ワーストケースシナリオをシミュレートした。さらに、1台の電話機は、実際の使用をシミュレートするために、実際の送受信中に試験された。ペースメーカの設定を直接操作しつつ、電話機を同側の耳にあてた状態で試験している間、患者の心電図が監視された。干渉は、種類と臨床的意義により分類された。その結果、テスト件数5533において、あらゆる種類の干渉を合計した発生率は20%、症状発生率は7.2%であった;臨床的に意味のある干渉発生率は6.6%であった;電話が耳の上の正常な位置に置かれた場合、臨床的に意味のある干渉は生じなかった;確実に臨床的に意味を持つ干渉は、テスト件数の1.7パーセントで発生、それは電話機をペースメーカの上方に保持した場合のみであった;干渉は、ダブルチャンバ型(25.3%)の方が、がシングルチャンバ型(6.8%)より多く発生した、と報告している。

ばく露

ばく露の詳細情報なし

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文