研究のタイプ: インプラント/医用機器に関する研究 (experimental study)

[デジタル携帯電話の分時換気率適応ペースメーカ使用時の安全性] dev./impl.

The safety of digital mobile cellular telephones with minute ventilation rate adaptive pacemakers.

掲載誌: Pacing Clin Electrophysiol 1996; 19 (10): 1451-1455

この研究は、GSM携帯電話が発生する電磁界が、Telectronics META分時換気量適応ペースメーカ分時換気量変化の測定センサとして経胸腔インピーダンスを使用している)に電磁干渉(EMI)を引き起こす可能性を調査した。16台(デュアルチャンバ12台、シングルチャンバ4台)の植込み型Telectronics METAのパルス発生器に、25Wの模擬的GSM送信(搬送周波数900MHz、2、8、217 Hzパルスパルス幅0.6ms)および2Wのデジタル携帯電話アンテナ(900MHz、217 Hzパルスパルス幅0.6ms)のばく露を与え、ペースメーカの設定プログラム(最大感度適応モードなど)を様々に変更して、EMIの発生を観察した。その結果、通常の感度にプログラムされたパルス発生器では、分時換気量適応ペーシングに変化は観察されなかった;ユニポーラの最大感度において、本ペースメーカは、臨床的に重要なEMIに対してデジタル携帯電話への耐性がある、と報告している。

ばく露

ばく露の詳細情報なし

関連論文