研究のタイプ: インプラント/医用機器に関する研究 (experimental study)

[ペースメーカとWalkie-Talkie、携帯電話との電磁干渉:実験研究] dev./impl.

Electromagnetic interference of external pacemakers by walkie-talkies and digital cellular phones: experimental study.

掲載誌: Pacing Clin Electrophysiol 1999; 22 (4) Pt 1: 588-593

この研究は、ウォーキートーキーおよびデジタル携帯電話による体外式ペースメーカ(植え込み式ペースメーカに至る過程で一時的に使用される)の電磁干渉を評価した。体外式双極ペーシングを、デジタルオシロスコープでモニターし、ペースメーカパルス電磁干渉を別々に記録した。ウォーキートーキー(個人用移動無線(PMR)(160 MHz、2.5 W)を用いた試験は、呼び出しモードで実施された。携帯電話GSM(900MHz、2W)およびDCS(1,800 MHz、1 W)を用いた試験は、テストモードで実施された。広く普及している、4つのメーカーの9台の体外式ペースメーカを試験した。その結果、ペーシング抑制および非同期ペーシングを含む様々な干渉現象が、PMRによって8台、GSM電話によって4台、DCS電話機によって2台で観察された;干渉が起きる最大距離は10〜200cmの範囲であった、と報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Various disturbances including pacing inhibition and asynchronous pacing were revealed in eight pacemakers by the private mobile phone, in four by the GSM phone, and in two by the digital cellular system (DCS) phone. The maximum distance that interference persisted ranged from 10-200 cm.
This data show a potential risk of interference of external pacemakers by walkie-talkies and digital mobile phones.

研究の種別:

研究助成

関連論文