研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[エオタキシン-1及びMCP-1はマウスの電力周波数電磁界ばく露に応じた循環指標としての役割を果たす] med./bio.

Eotaxin‑1 and MCP‑1 serve as circulating indicators in response to power frequency electromagnetic field exposure in mice.

掲載誌: Mol Med Rep 2018; 18 (3): 2832-2840

この研究は、4週齢のBalb/cマウスを0、0.1、0.5、2.5 mTの50 Hzの電力周波数磁界ヘルムホルツコイル内で90日間ばく露し、炎症またはがんと関連している可能性がある循環ケモカイン指標を調べた。その結果、対照群ばく露群の体重には測定可能な差は認められなかったが、ルミネックスアッセイでは、循環ケモカインの応答特性が異なることが明確に示された。血清中の単球走化性タンパク質(MCP)-3、マクロファージ炎症タンパク質(MIP)‑1α、MIP‑1β及びMIP‑2のレベルは、3か月のばく露期間中に有意に変化しなかったが、その他のケモカイン(IP‑10、GROα、RANTES、エオタキシン‑1及びMCP‑1を含む)の循環レベルはばく露によって有意に変化した。反応したケモカインのうち、エオタキシン-1及びMCP-1は0.5 mTばく露で有意に増加した。この知見は、電力周波数磁界の潜在的な前炎症性を強調するものであり、電力周波数磁界によるがん等の疾病の誘発の根底にある作用機序の解明につながるかも知れない、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 8 hours/day for 0, 1, 10, or 90 consecutive days
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: 8 hours/day for 0, 1, 10, or 90 consecutive days
ばく露3: 50 Hz
ばく露時間: 8 hours/day for 0, 1, 10, or 90 consecutive days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 8 hours/day for 0, 1, 10, or 90 consecutive days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 mice were housed in standardized cages (10 mice per cage); all cages were placed in the same room
ばく露装置の詳細 a transformer was used to provide electric current to the coils for generating the magnetic field; the homogenous region of the magnetic field was 0.4 x 0.4 x 0.4 (m) with harmonics below 1.0 %; magnetic field inside the cage was kept constant; magnetic field was switched on at least one minute before exposure to avoid transients
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.1 mT effective value 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 8 hours/day for 0, 1, 10, or 90 consecutive days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.5 mT effective value 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 8 hours/day for 0, 1, 10, or 90 consecutive days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2.5 mT effective value 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究助成

関連論文