研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[雌ラットの100μT、50Hz磁界へのばく露は夜間のメラトニンレベルに一貫した変化を生じない] med./bio.

Exposure of female rats to a 100-microT 50 Hz magnetic field does not induce consistent changes in nocturnal levels of melatonin.

掲載誌: Radiat Res 1998; 150 (5): 557-567

この研究は、電力周波磁界(50または60 Hz)が、松果体でのメラトニンの夜間の産生を減少させ、それによって乳がんの発生および成長を間接的に高めるという仮説メラトニン仮説)を検証するため、メスのSprague-Dawleyラットで様々な実験を行った。まず、100 μTの50Hz磁界(この磁束密度で、SDラットの7,12-ジメチルベンズ[a]アントラセン(DMBA)乳がんモデルでの磁界による共促進効果が報告されている)でメラトニンレベル低下が生じるか、もしそうでない場合、メラトニン産生に対する磁界ばく露の影響での一貫性の欠如にどのような因子が関与しているかを調べた。SDラットに13週間の長期磁界ばく露を与えても、DMBA処置の有無にかかわらず、血清中のメラトニンの夜間レベルは有意に変化しなかった。ばく露期間(1日、または1、4、8、13週間)を変えても、結果に差異はなかった。メラトニンレベルまたはメラトニンレベルに対する磁界の影響の変動について、さまざまな潜在的原因を評価したが、磁界ばく露の一貫しない影響の理由は依然として不明である、と報告している。

研究目的(著者による)

DMBAで処理したラットメラトニンレベルに対する50Hz/100µT磁界の影響を調べること。

詳細情報

複数の実験を実施した:
A) 長期間の磁界ばく露(13週間)とDMBA処理あり/なし、暗周期の開始から5時間後の松果体及び血漿中の夜間のメラトニンレベルの判定。B) 暗周期の開始から3、5、6時間後の血漿メラトニンレベル判定に対する2週間の磁界ばく露の影響。C) 異なる時点(暗周期の開始から5、6時間後)での血漿メラトニン判定に対する異なる期間(4、8、13週間)の磁界ばく露の影響。D) 血漿メラトニンレベルに対する短期間(1日、1週間、2週間)の磁界ばく露の影響。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 24 h/day, 7 days/week, over 13 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 24 h/day, 7 days/week, over 13 weeks
Additional information horizontal polarization
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • メリットコイル
  • coils: 26 turns outer, 11 turns inner coils, 1 m side length, 1,5 mm² copper wire
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT effective value - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

本研究では、松果腺または血漿中の夜間のメラトニンレベルに対する13週までの磁界ばく露の一貫した影響は認められなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文