[メスラットのDMBA誘発乳腺がんに対する50または60 Hz, 100μT磁界ばく露の影響:二つの実験室での結果が異なる理由] comment

Effects of 50- or 60-Hertz, 100 µT magnetic field exposure in the DMBA mammary cancer model in Sprague-Dawley rats: possible explanations for different results from two laboratories.

掲載誌: Environ Health Perspect 2000; 108 (9): 797-802

電力乳がんリスクとの関連性と、メラトニン仮定に沿って、ドイツのLoscher等のグループの一連の実験で、13または27週間にわたる50Hz, マイクロテスラ磁束密度へのばく露乳腺腫瘍の発達と促進を有意に増加した。Loscher等のグループは、SDラットの乳ガンとしてDMBAモデルを使用した。同じ実験プロトコールをアメリカのBattelleで行った際には、この結果は再現されなかった。この論文では、結果の不一致を説明する研究間の違いを討論した。これらの違いの原因は、SDラットの異なった亜系の使用(アメリカラットは欧州ラットよりDMBAに対して敏感である)、餌とDMBAの入手の違い、環境の違い、MFばく露指標の違いが含まれる。さらに、Loscher等のグループの発表では、MFばく露の影響は顕著に見られるが、弱かった。またこれらの弱い影響を再現する一般的な問題を討論した。

ばく露

コメントがつけられた論文

この論文に対するコメント

関連論文