研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[オンタリオ州とケベック州(カナダ)とフランスの電力労働者における電磁界への職業ばく露に伴うがん発症リスク:1970年-1989年] epidem.

Cancer risks associated with occupational exposure to magnetic fields among electric utility workers in Ontario and Quebec, Canada, and France: 1970-1989.

掲載誌: Am J Epidemiol 1994; 139 (6): 550-572

<目的>大規模コホートで、従来の研究より多くの症例を用い統計的精度の 良い方法で、広範かつ細心な曝露評価と交絡因子の検討を行い、全てのガンリスク電磁界曝露との関連を調べる。<方法>オンタリオハイドロとハイドロケベック及びEDFの3社の男性従業員約22万人から1970-1989年間に診断されたガン症例4151人をカナダの場合は雇用者かガン登録など複数記録から、フランスでは雇用者記録から抽出し、同数或いは血液ガン、脳腫瘍、メラノーマでは4倍の同年齢の対照を同じコホートから任意に選び、磁界曝露量と比較した。フランスでは60才以上は追跡出来なかった。同種の職業従業員2066人に個人曝露量計(Positron)を携帯させ、職業ー曝露マトリックスを電力毎に作り、現在の曝露量で過去の値を推定した。発癌に関連する物理的、化学的因子、イオン放射、喫煙、社会経済的地位など交絡因子の検討を行った。<結果>1)累積磁界曝露量の中央値が3.1μT年以上の群は急性非リンパ性白血病リスクが有意に多くなった(OR 2.41 CI:1.07-5.44 n=33)。その78%を占める骨髄白血病リスクも有意に多くなった(OR 3.15 CI:1.20-8.27 n=26)。2)職場における平均磁束密度が0.2μT以上と以下とを比べると、急性非リンパ性白血病急性骨髄性白血病リスクが増加した(表7)。しかし、その量ー反応関係は明らかでない。3)3電力では相関傾向が異なり、OHは強く、EDFは弱く、HQはなかった。4)累積磁界曝露量が90%タイル(15.7μT年)以上の人は脳腫瘍リスクが有意ではないが増加した(表3)。5)他のガンでは、磁界との関連はなかった。交絡因子の補正によっても結果は変わらなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文