研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[Sprague-Dawleyラットの乳腺モデルのDMBAイニシエーション‐プロモーションモデルにおける26週の磁界ばく露の影響] med./bio.

Effect of 26 week magnetic field exposures in a DMBA initiation-promotion mammary gland model in Sprague-Dawley rats.

掲載誌: Carcinogenesis 1999; 20 (5): 899-904

<目的>磁界ばく露により乳腺腫瘍がプロモートされるという仮説があるが、長期ばく露実験においてその影響は認められていない。DMBAで誘導した乳腺腫瘍磁界ばく露により促進されるという報告がある。本研究は、ラットのDMBA投与モデルを用いて乳腺腫瘍プロモーションに対する長期間磁界ばく露の影響を調べた。 <対象・方法>SD系雌ラット50日齢、DMBA 10mgを1mlのゴマ油に溶かして実験第1日に投与。表1のように磁界ばく露(18.5時間/日、7日/週、26週)。表2に磁界測定結果を示す。ラットは1週間毎に触診して大きさを記録した。最後に病理解剖。 <結果・結論>体重曲線は図1、担がんラット百分率は図2、1匹あたりの腫瘍数は図3、腫瘍の大きさは図4に示すが、どの群にも有意差はみられない。図5にfibroadenoma、図6にがん腫組織像を示すが、1G、50Hz及び1G、60Hz群で総がん数が有意に少ない(図7、表3、4)。本実験は磁界促進作用を有するという仮説を支持しない。 1)5週目で最初の腫瘍が発見された。それぞれの群で腫瘍発現時期に有意差は見られなかった。2)26週目におけるラット当たりの腫瘍数は、DMBA投与、非ばく露群では6個に比し、ばく露群では4.8から5.6個で有意差はなかった。3)腫瘍の大きさにも差は見られなかった。4)1G 50Hzおよび1G 60Hzばく露群では、がん発生率が低下していた。
(英文不記載)

研究目的(著者による)

26週の磁界ばく露化学的に誘導したラット乳がんに及ぼす影響を調査すること。

詳細情報

乳がん誘導のための化学剤にDMBA(7,12-ジメチルベンゾアントラセン)を用いた。各100匹のラットを含む3セットの実験を実施した。10mgの単用量のDMBAを経口投与した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 18.5 h/day, 7 days/week, for 26 weeks
ばく露2: 50 Hz
ばく露時間: 18.5 h/day, 7 days/week, for 26 weeks
ばく露3: 60 Hz
ばく露時間: 18.5 h/day, 7 days/week, for 26 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 18.5 h/day, 7 days/week, for 26 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • coil sets: 4 pairs of horizontal coils, 240mH,
チャンバの詳細 3 identical field generating coil sets in single room, 5 rats per polycarbonate cage 23x15x5in,
ばく露装置の詳細 once a week cages were rotated on racks
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT unspecified 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 18.5 h/day, 7 days/week, for 26 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 500 µT unspecified 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 18.5 h/day, 7 days/week, for 26 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT unspecified 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 乳房
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界ばく露腫瘍のサイズに及ぼす影響は認められなかった。本研究は、磁界ばく露がDMBAラットモデルにおける乳がんをプロモートするという仮説を支持していない。

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文