研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[雌のSprague-DawleyラットにDMBAでイニシエートした乳腺がんに対する13週間の磁界ばく露の影響] med./bio.

Effect of 13 week magnetic field exposures on DMBA-initiated mammary gland carcinomas in female Sprague-Dawley rats.

掲載誌: Carcinogenesis 1999; 20 (8): 1615-1620

この研究は、50Hz磁界ばく露が、ラット化学誘発乳がんをプロモートするか否かを実験的に調べた。第1の実験は、 100匹のメスのSprague-Dawleyラットに、7,12-ジメチルベンズアントラセン(DMBA)(週1回5mgを4回強制投与)によるイニシェーションを50日齢から開始した。最初のDMBA投与終了後から、磁界ばく露(または擬似ばく露)が開始された。ばく露条件は、1または5 Gの50 Hz磁界、または1 Gの 60 Hz磁界への18.5時間/日のばく露で、13週間継続した。第2の実験は、 100匹のメスのSprague-Dawleyラットに、低用量DMBA(週1回 2 mgを4回強制投与)によるイニシェーションを50日齢から開始し、最初のDMBA投与終了後から、磁界へのばく露(または擬似ばく露)を開始した。ばく露条件は、1または5 Gの50 Hz磁界への18.5時間/日のばく露で、13週間継続した。それぞれの実験とも、DMBA対照群磁界擬似ばく露)およびDMBAを含まない溶媒を投与したvehicle対照群との比較を行った。実験中は、毎週、ラットの体重測定し、腫瘍の有無を触診した。また、13週間のばく露終了後に剖検により乳がんの数を数え、組織学的検査を行った。その結果、どちらの実験においても、13週間の実験期間中における体重増加、乳がんの出現時期への磁界ばく露の影響は見られなかった;第1の実験では、組織検査で確認したがん発生率は、DMBA対照群、1 G/50 Hz群、5 G/50 Hz群、1 G/60 Hz群で、 92、86、96、96%、 乳がんの総数は 691、528 (P < 0. 05で有意に低下)、561、692であった;第2の実験では、がん発生率は、DMBA対照群、1 G/50 Hz群、5 G/50 Hz群で、 43、48、38%、 乳がんの総数は102、90、79であった;どちらの実験でも、腫瘍サイズ(生存中の触診剖検での組織検査のいずれによっても)に磁界の影響は見られなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

13週間の磁界ばく露化学物質で誘発させたラット乳がんに及ぼす影響を調査すること。

詳細情報

乳がん誘発させる化学物質としてDMBA(7,12-ジメチルベンズアントラセン)を用いた。100匹ずつのラットを含む2セットの実験を実施した(適用したDMBAの総量だけが20mgと8mgで異なる)。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 18.5 h/day, 7 days/week for 13 weeks
ばく露2: 60 Hz
ばく露時間: 18.5 h/day, 7 days/week for 13 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 18.5 h/day, 7 days/week for 13 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 coil sets consisting of four pairs of vertically oriented coils connected in series, stacked one above the other; to minimize stray fields the bottom and top pairs of coils produced magnetic fields in opposite directions
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT - - - -
磁束密度 500 µT - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 18.5 h/day, 7 days/week for 13 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT - - - -

Reference articles

  • Boorman GA et al. (1999): [Sprague-Dawleyラットの乳腺モデルのDMBAイニシエーション‐プロモーションモデルにおける26週の磁界ばく露の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 乳房
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界ばく露腫瘍の大きさに及ぼす影響は認められなかった。本研究は、磁界ばく露がDMBAラットモデルの乳がんをプロモートするという仮説を支持していない。

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文