研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[職業上の電磁界ばく露と乳がんの人口をベースに行った症例対照研究] epidem.

Population-based case-control study of occupational exposure to electromagnetic fields and breast cancer.

掲載誌: Ann Epidemiol 2001; 11 (5): 297-303

人口に基づく症例-対照研究で、女性の乳がん発症と職業上の磁界ばく露との関連を調べた(843名の乳がん症例と、773名の対照)。最も長く携わった二つの職業での作業と、測定による磁界ばく露の累積指標でばく露を区分した。女性乳ガンは会社員または産業労働者としての雇用とは関連していなかった。全対象者数で、キャリア全体にわたる累積ばく露と、過去0-10年と10-20年での、オッズ比OR)は全般にゼロに近かった。適度なリスクの上昇は、20年、またはそれ以上の累積ばく露の中レベルでは発見されたが(OR = 1.5; 95% CI = 1.1-2.0)、高レベルでは見られなかった。過去10-20年での全閉経女性(OR = 1.7; 95% CI = 1.1-2.7)とエストロゲン受容体陽性(ER+)の乳腺腫瘍の関連(OR=2.06; 95% CI=1.1-4.0)はより強かった。量-反応関係は見られず、磁界が女性の乳ガンを引き起こす、という仮説の裏付けはなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文