研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2450 MHzラジオ周波数照射にばく露されたラットの骨髄細胞と末梢血における小核] med./bio.

Micronuclei in the peripheral blood and bone marrow cells of rats exposed to 2450 MHz radiofrequency radiation.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2001; 77 (11): 1109-1115

この研究は、平均全身比吸収率SAR)12W / kgで2450MHz連続波無線周波放射(RFR)の24時間連続ばく露を受けた成体オスのSprague-Dawleyラットの末梢血および骨髄細胞での小核MN)発生頻度を調べた。ばく露群(n = 8)は、円偏波導波管中で2450MHzのRFRばく露を受けた。擬似ばく露群(n = 8)には、RFR無しの導波管中で擬似ばく露を行った。陽性対照として、マイトマイシン− C(MMC)処置群(n = 4)を用いた。RFRばく露および擬似ばく露終了から24時間後に、および24時間のMMC処置後に、すべてのラット剖検した。末梢血および骨髄塗抹標本において、多染性赤血球(PCE)中のMN頻度を測定した。その結果、MN/ 2000 PCEの頻度に、RFRばく露群と擬似ばく露群の間で有意差はなかった;RFRばく露群および擬似ばく露群におけるMNの平均頻度は、末梢血中では2.3 ± 0.7および2.1 ± 0.6、骨髄細胞中では3.8 ± 1.0および3.4 ± 0.7であった;一方、陽性対照群での対応する値は、末梢血で23.5 ± 4.7、骨髄細胞で33.8 ± 7.4であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine the incidence of micronuclei in peripheral blood and bone marrow cells of rats exposed to 2450 MHz continuous wave radiofrequency radiation (24h).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2,450 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 24 h
  • 電力密度: 200 W/m² (nominal)
  • SAR: 12 W/kg mean (whole body) (nominal)

ばく露1

主たる特性
周波数 2,450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
偏波
  • circular
ばく露時間 continuous for 24 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Rats were placed in separate Plexiglas cages, each placed in a separate cylindrical wire mesh waveguide [Guy et al., 1979].
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Control rats were kept in a holding cage at the far end of the exposure room and were injected i.p. with MMC at the end of the exposure period.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 200 W/m² - - - nominal
SAR 12 W/kg mean 推定値 whole body nominal

Reference articles

  • Chou CK et al. (1984): [2.450 MHzの円分極化した導波管でばく露されたラットの比吸収率(SAR)]
  • Guy AW et al. (1979): [小動物のマイクロ波慢性ばく露に用いる円偏光2450 MHz導波管装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

There was no evidence for the induction of micronuclei in peripheral blood and bone marrow cells of rats exposed 24h to 2450 MHz continuous wave radiofrequency radiation.

研究の種別:

研究助成

関連論文