研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[中央スウェーデンにおける磁界への職業ばく露と脳腫瘍] epidem.

Occupational exposure to magnetic fields and brain tumours in central Sweden.

掲載誌: Eur J Epidemiol 1998; 14 (6): 563-569

中央スウェーデンの人口に基づく症例対照研究で、磁界への職業ばく露により男性の神経膠腫髄膜腫を調べた。前者は84症例、後者は20症例、対照は155名であった。職種はアンケートで求め、ばく露を明確にするために3つの方法を行った。1)電気的職業、2)電気技師による磁界評価、3)職業グループでは作業場所での磁界測定に基づいた職種。電気的な職業による解析では、RRは神経膠腫で1.0(95%CI: 0.4-2.4)、髄膜腫は1.8(95%CI: 0.3-3.6)であった。測定値に基づいた解析では、平均値が> 0.41μTの場合、神経膠腫でRRが1.9(95%CI: 0.8-5.0)で、髄膜腫が1.6(95%CI: 0.3-10.2)であった。ばく露測定値では、多くの個人がばくろ露されているとして分類された。交絡因子の可能性が考えられるが、重要ではなく、磁界測定に基づく結果から、磁界ばく露脳腫瘍の発展になんらかの役割を担っている可能性を示している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文