研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[イエバエの発生ダイナミクスに対する超低周波(50Hz)磁界の影響] med./bio.

Effects of Extremely Low Frequency (50 Hz) Magnetic Field on Development Dynamics of the Housefly (Musca domestica L.).

掲載誌: Electromagn Biol Med 2005; 24 (2): 99-107

この研究は、イエバエ(Musca domestica:双翅目)の変態時間(蛹から成虫への羽化時間)および成虫の寿命に対する正弦波磁界(50 Hz, 6 mT)ばく露の影響を調べた。ほぼ同じ年齢のイエバエの蛹100個体を無作為に選び、50個体ずつの2群(ばく露群と対照群)に分け、個体別にガラス管(11 mm径、長さ70 mm)に食餌なしで入れた。ばく露群は、電磁石(磁極面積44.6 cm2(9.3 cm×4.8 cm)、間隙7.2 cm)が生成する50 Hz、6 mTの磁界ばく露を受けた。実験は、19°Cと24°Cの温度、12時間ずつの明/暗サイクル、60〜70%の相対湿度を制御しながら連続して実施された。その結果、両方の温度において、磁界による変態有意な遅延が示された(19°Cで4.09 % ; 24°Cで15.81 %); 24°Cの場合、磁界ばく露群の成虫の寿命は、対照群に比べ有意に長くなった(約20 %);19°Cの場合、磁界ばく露群の成虫の寿命は、対照群に比べ有意に変化しなかった、と報告している。

研究目的(著者による)

磁界がイエバエ Musca domestica変態及び成虫の寿命に影響するかどうかを調べること、及び、選択した2つの温度(19及び24℃)での検出可能な温度の影響を観察すること。

詳細情報

各50匹のグループを調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: average of 12.72 and 7.02 days at 19°C and 24°C, respectively, in metamorphosis experiments; average of 3.54 and 2.45 days at 19°C and 24°C, respecticvely, in adult life span experiments

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 average of 12.72 and 7.02 days at 19°C and 24°C, respectively, in metamorphosis experiments; average of 3.54 and 2.45 days at 19°C and 24°C, respecticvely, in adult life span experiments
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electromagnet of 3 pairs of coils and ferrite magnetic core
ばく露装置の詳細 100 pupae were placed in glass tubes without nutrient substrate and were equally divided into exposure and control group. The exposure group was placed in a relative homogeneous MF between the poles of dimensions 9.3 cm x 4.8 cm with a gap of 7.2 cm. Control group was placed away from the coils where no magnetic field was detected. Experiments were performed at 24°C and 19°C.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 6 mT mean 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

磁界はどちらの温度でも変態を有意に遅らせた(19℃で4.09%、24℃で15.81%)。24℃での磁界中の成虫の寿命対照群と比較して統計的に有意に長くなった(20%)が、19℃での磁界中では対照群と比較して統計的に有意な変化は認められなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文