ホーム
医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波電磁界ばく露を受けたイラクサギンウワバ(鱗翅目:ヤガ科)幼虫における免疫パラメータの変化]

Alterations of Immune Parameters on Trichoplusia ni (Lepidoptera: Noctuidae) Larvae Exposed to Extremely Low-Frequency Electromagnetic Fields.

掲載誌: Environ Entomol 2017; 46 (2): 376-382
この研究は、イラクサギンウワバ(鱗翅目:ヤガ科)幼虫超低周波電磁界ばく露(60Hz、2.0mT:ばく露時間24、48、7時間)を与え、免疫パラメータおよび生殖への影響を調べた。その結果、24時間ばく露では、ライフサイクルおよび生殖への変化は見られなかった;72時間ばく露では、アポトーシス細胞の数および細胞免疫反応が有意に増加した;48時間ばく露では、血液リンパ総タンパク質および血液細胞が減少した、など種々の所見を報告している。

影響評価項目

  • 免疫系への影響
  • 生殖系への影響: fertility; life cycle

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露1
主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 mT effective value 測定値 - -
Reference articles
ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

  • 免疫系への影響: number of hemocytes in hemolymph (Neubauer chamber); protein concentration in hemolymph (assay based on Bradford protein assay); enzyme activity of phenoloxidase in supernatant of hemolymph (spectrophotometry); apoptotic cells im hemolymph (staining with ethidium bromide/acridine orange; fluorescence microscopy); gene expression of immunity genes (attacin, cecropin, defensin, gallerimycin, gloverin, lebocin, lysozyme, peptidoglycan recognition protein C (pgrp c)) (quantitative RT-PCR)
  • 生殖系への影響: fertility and life cycle (number of oviposited eegs 48, 96, and 144 hours after exposure; percentage of hatched larvae)
研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

  • Programa de Apoyo a la Investigación Científica y Tecnológica (PAICYT), Universidad Autonoma de Nuevo Leon (UANL), Mexico

関連論文