研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[60Hzの電界及び磁界にばく露された乳牛におけるチロキシンの血漿濃度] med./bio.

Plasma concentrations of thyroxine in dairy cows exposed to 60 Hz electric and magnetic fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2006; 27 (7): 553-559

乳牛の血中チロキシン(T4)に対する電磁界(EMF)の影響を評価するために、2つの実験が行われた。実験1では、16頭の妊娠したホルスタイン泌乳牛が、10kV/m、30μT電磁界ばく露された。この牛は各8頭ずつの2つのグループに分けられた。各グループは、各々28日の3期間のうちの2つの処理シークエンスのひとつに従って、電磁界ばく露された。シークエンス1は電磁波をオフ-オン-オフ、シークエンス2は電磁波をオン-オフ-オンとばく露した。各処理期間の最終日の間、血液サンプルが24時間に対して4時間毎に集められ、T4プラズマの濃度が測定された。実験2では、出産経験のあるホルスタインで現在、妊娠していない乾乳期のもの16頭が、10kV/m、30μT電磁界ばく露された。牛は各8頭ずつの2つのグループに分けられた。各グループは、各期間はひとつの発情周期に相当する日数となることを除いて、上述の2つの処理シークエンスのひとつに従って電磁波がばく露された。処理の間、T4分析のために、血液サンプルが1日おきに集められた。両実験において、日光周期は短日光周期(8時間昼/16時間夜)を模倣した。オン期間の間、牛は16時間のEMFばく露がされたが、これは、昼期間の8時間と夜期間の間の最初の8時間の合計である。実験1では、ばく露された牛のT4プラズマ濃度は、処理のおかげで、いかなる変化もなかったが(P=0.0968)、資料収集の時間は大きな違いを明らかにした(P=0.0012)。実験2では、期間の影響(P=0.0009)と日中の相互作用による処理(P=0.0003)は統計的に重要だった。乳牛への最悪の見通しの10kV/m、30μT電磁界ばく露は、適度な方法において、チロキシン血中濃度に影響を及ぼす。

研究目的(著者による)

乳牛の血液チロキシンに対する電界及び磁界の影響を調べること。

詳細情報

実験1では、16頭の授乳中の妊娠した牝牛を2群に分け、電磁界ばく露した。各群を、各28日間の3つの期間からなる、2つの処理シーケンスのうち1つに従ってばく露した:シーケンス1「電磁界オフ‐オン‐オン」、シーケンス2「電磁界オン‐オフ‐オン」。各期間の最終日に、4時間ごとに24時間採血し、チロキシンの血漿濃度を判定した。

実験2では、16頭の授乳中でない妊娠していない多重産の牝牛を2群に分け、各群を上述の2つの処理シーケンスのうちの1つに従って、但し各期間を1回の排卵周期に相当する日数として(排卵周期は同期させた)ばく露した。処理中、1日おきに採決した。

オン期に、牝牛を16時間ばく露した:明期間の8時間+暗期間の最初の8時間。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 16 h/day to Off+On+Off sequence of 28 days each or On+Off+On sequence of 28 days each

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 repeated daily exposure, 16 h/day to Off+On+Off sequence of 28 days each or On+Off+On sequence of 28 days each
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • coils and plates
チャンバの詳細 15 m long x 10 m wide x 3 m high chamber containing 8 wooden box stalls, each holding one cow.
ばく露装置の詳細 Exposure was performed with rectangular coils 10 m long x 4 m high for MF and two plates 9 m long x 6.5 m wide suspended 6.5 from ceiling for EF.
Additional information 16 lactating, pregnant and 16 non-lactating, non-pregnant Holstein cows were divided into two replicate groups of eight cows each. Each replicate was exposed to EMF in one of the two sequence of three periods. The first replicate had 28 non-exposed followed by 28 days exposed and then 28 days non-exposed (Off/On/Off) where as the second replicate was 28 days exposed, 28 days non-exposed and 28 days exposed (On/Off/On).
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 30 µT unspecified 測定値 - horizontal MF
電界強度 10 kV/m unspecified 測定値 - vertical EF

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、10kV/m、30µTの電磁界への最悪ケースのシナリオでの乳牛のばく露は、チロキシンの血中レベルに程々に影響することを示した。

実験1では、ばく露した牝牛のチロキシンの血漿濃度には処理による変化は生じなかったが、「採血時間」の影響は有意であった(対照と処理牝牛の両方で、04:00AMのチロキシン濃度がより高く、照明をオンにした08:00AMには低下した)。

実験2では、「期間」及び「日による処理の相互作用」(2つの異なる計算した測定パラメータ)の影響が統計的に有意であった。データは、電磁界ばく露はチロキシンの血漿濃度の3.8%増を生じたことを示した。

研究の種別:

研究助成

関連論文