研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[急性ラジオ周波電磁放射後のラット脳細胞での一重鎖および二重鎖のDNA切断] med./bio.

Single- and double-strand DNA breaks in rat brain cells after acute exposure to radiofrequency electromagnetic radiation.

掲載誌: Int J Radiat Biol 1996; 69 (4): 513-521

この研究は、ラットの脳細胞におけるDNA鎖切断に対するパルス波パルス幅2μs、パルス繰返し周波数500 Hz)および連続波の2450MHz RF電磁放射の急性(2時間)ばく露の影響を調べた。空間平均電力密度は2mW / cm2であり、全身平均吸収率は1.2W / kgとなった。ばく露終了から4時間後に、個々の脳細胞における一本鎖および二本鎖DNA切断を、マイクロゲル電気泳動アッセイで測定した。結果として、どちらのタイプのRF放射によっても、一本鎖および二本鎖DNA切断の増加が観察されたが、2つのタイプの間に有意差は観察されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of acute exposure to pulsed and continuous-wave 2450 MHz radiofrequency irradiation on DNA strand breaks in brain cells of rat.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2,450 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 2 h
  • 電力密度: 2 mW/cm² spatial average
  • SAR: 1.2 W/kg average over mass (whole body) ([Chou et al., 1984])
ばく露2: 2,450 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous for 2 h
  • 電力密度: 2 mW/cm² spatial average
  • SAR: 1.2 W/kg average over mass (whole body) ([Chou et al., 1984])

ばく露1

主たる特性
周波数 2,450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
偏波
  • circular
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 2 µs
Repetition frequency 500 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 The cylindrical waveguide system [Guy et al., 1979] consisted of individual exposure tubes made of galvanised wire screen that contained a plastic chamber (with a floor of glass rods) to house a rat allowed to move freely.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 2 mW/cm² spatial average 指定なし - -
SAR 1.2 W/kg average over mass 備考を参照のこと。 whole body [Chou et al., 1984]

ばく露2

主たる特性
周波数 2,450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
偏波
  • circular
ばく露時間 continuous for 2 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 2 mW/cm² spatial average 指定なし - -
SAR 1.2 W/kg average over mass 備考を参照のこと。 whole body [Chou et al., 1984]

Reference articles

  • Chou CK et al. (1985): [7つのばく露状況下で2, 450 MHzのマイクロ波にさらされるラットの比吸収率]
  • Chou CK et al. (1984): [2.450 MHzの円分極化した導波管でばく露されたラットの比吸収率(SAR)]
  • Lai H et al. (1984): [ペントバルビタールによっておこる低体温への急性低マイクロ波の影響はばく露方向に左右される]
  • Guy AW et al. (1979): [小動物のマイクロ波慢性ばく露に用いる円偏光2450 MHz導波管装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

An increase in both types of DNA breaks was observed after exposure to either the pulsed or continuous-wave radiation, but no significant difference was observed between the effects of the two forms of radiation.

研究の種別:

研究助成

関連論文