研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電力周波数電磁界にばく露したラットにおける甲状腺の光学及び電子顕微鏡研究] med./bio.

Light and electron microscopic study of the thyroid gland in rats exposed to power-frequency electromagnetic fields.

掲載誌: J Exp Biol 2006; 209: 3322-3328

この研究は、甲状腺に対する50 Hzの電磁界EMF)の影響を、光学および透過型電子顕微鏡を使用して調べた。2ヶ月齢の雄ラットに、EMF(100-300 μT、54-160 V/ m)のばく露を、1日4時間、週5日のスケジュールで1か月間与えた。その結果、ばく露群の甲状腺では、コロイド含有量低下および毛細血管拡張が現れた小胞の存在が優勢であった;立体形態学的点算法によれば、ばく露群では、濾胞上皮、濾胞間組織、毛細血管の体積密度、および甲状腺活性化指数が対照群に比べ有意な増加を示した;また、コロイドの体積密度の有意な低下を示した;甲状腺濾胞細胞の超微細構造分析によれば、ばく露群では、同じ甲状腺細胞内に数個のコロイド液滴が頻繁に観察され、時折は直径の大きな液滴も存在することが確認された;リソソーム顆粒小胞体および細胞核の変化にも対照群との違いが観察された、と報告している。

研究目的(著者による)

電磁界に4週間ばく露した8週齢の雄ラット(n=15)の甲状腺の構造に対する、電力周波数電磁界によって生じる可能性のある悪影響を調べること。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: repeated daily exposure, 4 h/day, 5 days a week for 1 month
  • 電界強度: 160 V/m unspecified (on the side of the cage near the coil)
  • 磁束密度: 300 µT unspecified (on the side of the cage near the coil)
  • 磁束密度: 100 µT unspecified (at the opposite end of the cage away from coil)
  • 電界強度: 54 V/m unspecified (at the opposite end of the cage away from coil)
  • 磁束密度: 40 µT unspecified (geomagnetic field in north-south direction d: Erdmagnetfeld in Nord-Sü)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
波形
  • unspecified
ばく露時間 repeated daily exposure, 4 h/day, 5 days a week for 1 month
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 12 cm
ばく露装置の詳細 Cages were placed on both sides of the coil, perpendicular to the coil axis and were covered with plastic lid. The coil axis was parallel to the lines of the force of the geomagnetic field. The electromagnetic field produced by the coil was in horizontal direction with respect to geomagnetic field and was inhomogeneous with decaying intensity along the cage.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 160 V/m unspecified 測定値 - on the side of the cage near the coil
磁束密度 300 µT unspecified 測定値 - on the side of the cage near the coil
磁束密度 100 µT unspecified 測定値 - at the opposite end of the cage away from coil
電界強度 54 V/m unspecified 測定値 - at the opposite end of the cage away from coil
磁束密度 40 µT unspecified 測定値 - geomagnetic field in north-south direction d: Erdmagnetfeld in Nord-Sü

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

データは、甲状腺に対する電力周波数電磁界刺激作用を証明した。

例えば、ばく露群ではコロイド量が少ない嚢及び拡張した毛細血管の優勢が認められた。立体カウンティングでは、対照と比較して、濾胞上皮、濾胞間組織及び毛細血管の体積密度、ならびに甲状腺活性化指数の統計的に有意な増加が認められた。

甲状腺の構造的変化は有害な影響と見なせるほど深刻ではなかったが、甲状腺が50Hz電磁界に対して敏感かも知れないことに照らせば重要である。

研究の種別:

研究助成

関連論文