研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波電磁界ばく露後およびそれに続く電磁界オフ期のラットにおける甲状腺肥満細胞の立体的解析] med./bio.

Stereological analysis of thyroid mast cells in rats after exposure to extremely low frequency electromagnetic field and the following "off" field period.

掲載誌: Acta Biol Hung 2005; 56 (1-2): 43-51

研究目的(著者による)

甲状腺脂肪細胞に対する超低周波電磁界の影響力を雄のラットで調べること。

詳細情報

47匹の動物を、生後24時間からばく露した。ばく露の最終日の直後(グループ1)、1週間後(グループ2)、2週間後(グループ3)に12匹ずつ、3週間後(グループ4)に11匹を屠殺した。対照群は42匹で構成された。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 7 h/day, 5 days/week for 3 months starting 24 h after birth

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
  • magnetic field
ばく露時間 7 h/day, 5 days/week for 3 months starting 24 h after birth
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 coil consisting of 1320 turns of 2.5 mm copper wire wound round a wooden frame; cages placed symmetrically on both sides of the coil
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 10 V/m - 測定値 - -
磁束密度 500 µT maximum 測定値 - on the cage side near the coil
磁束密度 50 µT minimum 測定値 - on the opposite cage side

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

3か月間のばく露後、グループ3(ばく露後の回復期間が2週間)を除く全てのばく露群に、脱顆粒(介在物質を放出する)肥満細胞(C型)の体積密度の増加が認められた。C型脂肪細胞の数密度も増加した。対照群と比較して、全てのばく露群で、B型とC型の脂肪細胞の数密度の比及び体積密度の比が低かった。例外はグループ2(回復期間が1週間)で、体積密度の比はばく露群と対照群で同等であった。
これらの結果は、甲状腺脂肪細胞には電力周波数電磁界に対する感受性があることを含意している。

研究の種別:

研究助成

関連論文