研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[ダウン症候群の子どもにおける磁界と急性白血病] epidem.

Magnetic fields and acute leukemia in children with Down syndrome.

掲載誌: Epidemiology 2007; 18 (1): 158-161

【背景】この研究では、磁界ばく露がダウン症の子供(白血病の20倍の危険率)の急性白血病発症に及ぼす影響を分析した。【方法】症例群として急性白血病とダウン症を併せ持つ42人の子供、対照群としてダウン症の124人の健康な子供において症例対照研究を行った。子供に関する人口統計的情報を得て、各居住地で磁界の現場測定を実施した。【結果】磁界(≧6.00mG)の直接測定のオッズ比は3.7(95%信頼区間=1.05-13.1)であった。【結論】ダウン症の子供における磁界白血病の関係は、遺伝的に過敏な子供の下位集団における白血病磁界が因果的役割をもつ可能性を示している。

研究の目的(著者による)

磁界へのばく露ダウン症候群の子どもにおける急性白血病発現に及ぼす影響を調査するため、メキシコにおいて症例対照研究を実施した。

詳細情報

ダウン症候群の子どもは急性白血病を発症するリスクが20倍高い。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 磁界:≤ 0.1 µT
集団 2 磁界:> 0.1 µT
集団 3 磁界:0.101 - 0.399 µT
集団 4 磁界:0.400 - 0.599 µT
集団 5 磁界:≥ 0.600 µT
集団 6 Kaune-Savitzスキーム:低
集団 7 Kaune-Savitzスキーム:中
集団 8 Kaune-Savitzスキーム:高

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 42 124
統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

ダウン症候群を有し、居住環境での磁界ばく露が0.6µT以上の子どもについて、急性白血病リスク上昇が認められた。著者らは、ダウン症候群の子どもにおける磁界と急性白血病との関連は、遺伝的に敏感な子どものサブグループでの白血病の病因における磁界の因果的役割の可能性を示唆している、と結論付けている。

研究の限界(著者による)

磁界のスポット測定しか収集しなかった。

研究助成

関連論文