研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study, theoretical study)

[腎臓でのマロンジアルデヒドレベルおよびミエロペルオキシダーゼ活性に対するELF磁界影響の遺伝的プログラミングを用いた定式化] med./bio.

Formulation of ELF magnetic fields' effects on malondialdehyde level and myeloperoxidase activity in kidney using genetic programming.

掲載誌: Comput Methods Programs Biomed 2007; 86 (1): 1-9

研究目的(著者による)

本研究は、マロンジアルデヒドのレベル及びミエロペルオキシダーゼ活性に対する超低周波磁界の影響を、コンピュータ手法によって適切に分析し、定式化できるかどうかを調査するためにデザインされた。

詳細情報

雄の、体重250-300g、10-12週齢のモルモット合計54匹を用いた。実験結果を、遺伝的プログラミング(GP)を用いて計算した結果と比較した。遺伝的プログラミングは、遺伝学及び自然選択の原理に基づく進化的アルゴリズムに属し、本研究のミエロペルオキシダーゼ活性のように、生物学的影響が厳密に測定できない場合に適用できる。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: 4 h/day or 8 h/day for 5 days

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 4 h/day or 8 h/day for 5 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 animals in 26 cm x 22 cm x 10 cm plastic cages in the center of the coil
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT minimum - - -
磁束密度 2 mT - - - -
磁束密度 3 mT maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

遺伝的プログラミングは精度が高く、マロンジアルデヒドのレベル及びミエロペルオキシダーゼ活性のモデル化に効果的に用いることができることが示された。

研究の種別:

研究助成

関連論文