研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[自己申告された症状および睡眠に対する884 MHz GSM無線通信シグナルの影響―実験的誘発研究] med./bio.

The Effects of 884 MHz GSM Wireless Communication Signals on Self-reported Symptom and Sleep (EEG)- An Experimental Provocation Study.

掲載誌: PIERS Online 2007; 3 (7): 1148-1150

本研究において、自己報告された症状認知機能および睡眠脳波に対する884MHzのGSM無線通信シグナルの長期(3時間)ばく露の影響可能性を評価した。研究グループは36人の女性と35人の男性で構成された。このうち、22人の女性と17人の男性が、携帯電話使用に特異的に関連する症状(SG)を報告した。残りの参加者は携帯電話に関連しない症状(NG)を報告した。 研究に参加する可能性のあるボランティアは、生化学的評価も含めた、内科医の診察を受け、研究上の重要な変数に影響する可能性のある医学的状態の人は除いた。選出された被験者は研究室内で3つの異なるセッションを過ごした。馴化セッションに続いて、2つセッションに移った。これらセッションにおいて、被験者は3時間、擬似照射に曝されるか、884MHz GSM無線通信信号に曝された(DTX期間および非DTX期間を含み平均で1.4W/kgの左脳半球への直接ばく露)。ばく露および擬似セッションにおいて、その期間中と前後にわたってデータが収集された。収集されたデータは、頭痛など自己報告の症状認知機能・気分および脳波記録を含む。 ばく露の1時間後に入眠指示されたが、擬似ばく露に比べ、ばく露において睡眠に影響が見られた。深い睡眠段階(ステージ3)の最初のサイクルに至るまでの期間が遅延した。ばく露された被験者では、ステージ4の睡眠総時間も減少した。NG被験者は、擬似ばく露期間中よりばく露期間中により多くの頭痛を報告した。SGグループもNGグループも、偶然以上の頻度で、真のばく露状態を検出することはできなかった。 884MHz無線信号の実験室内ばく露の期間中、日常的疲れの回復に重要と信じられている睡眠成分は悪影響を受けた。さらに、携帯電話使用に関連した自己報告症状のない被験者では、無線周波ばく露中の方が擬似ばく露中より、より多くの頭痛を自覚した。しかし、被験者は、統計的偶然のみから期待されるより高頻度で正しいばく露状態を見分けることはできなかった。 その他の自己報告された知見、生化学的データ、認知的能力データ、電気生理学的データは目下のところ分析されている。これらの知見の健康上の意義もさらに調査研究されるだろう。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

This study was conducted to assess possible effects of prolonged (for 3 hours) exposure to 884 MHz GSM wireless communication signals on self-reported symptoms, cognitive function, and sleep.

詳細情報

The study group consisted of 36 women and 35 men (age range: 18-45 years). 22 women and 16 men reported symptoms they specifically related to mobile phone use. This group was described as electrosensitive. The rest of the participants reported no mobile phone-related symptoms. In choosing this two groups, it should be established whether electrosensitive persons would be able to differentiate exposure conditions from sham exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 884 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 3 h
  • SAR: 1.4 W/kg mean

ばく露1

主たる特性
周波数 884 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 3 h
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM signal including periods of DTX and Non-DTX

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 884MHz GSM wireless exposure unit
チャンバの詳細 The exposure areas in two separate rooms were shielded with screens, covered with RF absorbing material.
ばく露装置の詳細 The exposure was directed to the left hemisphere of the head.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Each participant attended three different sessions, one habituation session and two subsequent exposure sessions randomly selected for sham or RF exposure.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.4 W/kg mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Concerning sleep, there was a prolonged latency to reach the first cycle of deep sleep in exposed volunteers. The amount of deep sleep (sleep stage 4) was also decreased in exposed subjects.
Subjects who were not characterized as electrosensitive reported more headaches during exposures versus sham exposure. Neither the electrosensitive group nor the not electrosensitive group was able to detect the true exposure status.

研究の種別:

研究助成

関連論文