研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ディジタル移動無線電話で引き起こされるREM抑制] med./bio.

[REM suppression induced by digital mobile radio telephones].

掲載誌: Wien Med Wochenschr 1996; 146 (13-14): 285-286

この研究は、健康なヒトの睡眠に対するデジタル移動無線電話からのパルス高周波電磁界の影響を調べた(ドイツ語で書かれた短報である)。ばく露には、GSM携帯電話を用いた。被験者頭頂から40 cm離れたベッド先端に携帯電話を設置した。各被験者は、ばく露擬似ばく露の2夜の実験に参加した(無作為、一重ブラインド化)。ばく露実験の夜は、217 Hzパルス化900 MHz信号を、平均電力密度0.05 mW/cm²で、夜間8時間与え、睡眠脳電図(EEG)を記録した。その結果、 睡眠開始潜時の短縮を伴う催眠効果に加えて、ばく露中、レム睡眠持続時間および割合が減少するレム抑制効果が見られた;スペクトル解析によれば、レム睡眠中のEEG信号のスペクトルパワー密度が、特にアルファ波帯で増加した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of pulsed high-frequency electromagnetic fields emitted by digital cellular phones on sleep in healthy humans.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 8 h

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 8 h
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 580 µs
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 40 cm
ばく露装置の詳細 A cellular phone was installed at the top of the bed at a distance of 40 cm from the vertex of the subject.
Additional information The subjects were exposed in one night and sham-exposed in another night (randomised, single-blind).
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 8 W - - - -
電力密度 0.05 mW/cm² mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Besides a hypnotic effect with shortening of sleep onset latency, a REM sleep suppressive effect with reduction of duration and percentage of REM sleep was found under radiation. Spectral analysis revealed an increased spectral power density of the EEG signal during REM sleep (especially in the alpha band).

研究の種別:

研究助成

関連論文