研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[GSM電話のシグナルは自覚症状を生じさせない] med./bio.

GSM phone signal does not produce subjective symptoms.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2001; 22 (3): 212-215

この研究は、デジタルGSM携帯電話パルス無線周波RF電磁界(902 MHz, 217 Hzパルス変調ばく露による自覚症状または感覚への影響を、ボランティア実験で調べた。健康被験者で、2つの一重ブラインド化実験を行なった。RFばく露時間が、実験1では約60分、実験2では30分であった。各被験者は、実験セッション開始の前、ばく露セッションおよび無ばく露セッションの終了後に、自分の症状または感覚について評点付けを行った。評点付けした症状は、頭痛めまい疲労感、皮膚のかゆみまたはうずき、皮膚の発赤、および皮膚の温感であった。結果として、ばく露セッションおよび無ばく露セッションの間に、いかなる差も現れなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The influence of pulsed radiofrequency electromagnetic fields of digital GSM mobile phones on subjective symptoms or sensations in healthy subjects was studied.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 902 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 1 session of 30 min or 2 sessions of 60 min each separated by 24 h

ばく露1

主たる特性
周波数 902 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 1 session of 30 min or 2 sessions of 60 min each separated by 24 h
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 577 µs
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

discontinuous transmission mode not activated

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 4 cm
ばく露装置の詳細 GSM phone attached to the subject's head in a position simulating the normal position for use, without direct contact with the skin; antenna positioned over the posterior areas of the left hemisphere
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 0.25 W mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results did not reveal any differences between exposure and sham exposure conditions, suggesting that a 30-60 min exposure to this radiofrequency field does not produce subjective symptoms in humans.

研究の種別:

研究助成

関連論文