研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[ウェストファリアにおける携帯電話基地局隣接地域でのがん発生率] epidem.

[Incidence of cancer adjacent to a mobile telephone basis station in Westfalia].

掲載誌: Umwelt-Medizin-Gesellschaft 2009; 22 (1): 55-60
Journal partially peer-reviewed/unclear

研究の目的(著者による)

携帯電話基地局の近隣でのがん発生率を調査するため、ドイツのヘネンにおいてパイロット研究を実施した。

詳細情報

携帯電話基地局は1999年に運転を開始した。第一期(200年1月1日‐2004年12月31日)と第二期(2005年1月1日‐2007年6月30日)のがん発生率が同様であるという仮説を証明すべきであった。観察されたがん発生率を、ザールラント州のがん登録による期待値と比較した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ:

ばく露

ばく露評価

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 1,283
参加者 627
評価可能 575
統計学的分析方法:

結論(著者による)

携帯電話基地局から半径400m以内に住む住民に、2000‐2004年の第一期には9人、2005‐2007年6月の第二期には14人のがん症例が認められた。発症の平均年齢は第一期は59.2歳、第二期は59.3歳で、これに対してザールラント州がん登録から評価した期待値は66.4歳であった。著者らは、基地局の運転開始から5年後にがん発生率の統計的に有意な上昇が認められた、と結論付けた。

この論文に対するコメント

関連論文