研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[正常なヒトヘモグロビンの構造と機能に対する携帯電話の無線周波電磁界の影響] med./bio.

Effects of mobile phone radiofrequency on the structure and function of the normal human hemoglobin.

掲載誌: Int J Biol Macromol 2009; 44 (3): 278-285

この研究は、ヘモグロビンA(HbA)の構造と機能に対する携帯電話高周波電磁界RF EMF:910MHzと940MHz)の影響を調べた。ばく露にはスパイラルアンテナを用い、ばく露レベルは電界強度が77 V/m、電力密度15.7 W/m² であり、ばく露時間は連続的に1 時間または2 時間であった。酸素親和性は、亜ジチオン酸ナトリウムを用いて、UV-vis分光光度計で測定した。構造変化は、円二色性スペクトル法および蛍光分光法で分析した。その結果、携帯電話のRF EMFがHbAの酸素親和性三次構造を変化させたことが示された;さらに、HbAの酸素親和性の低下は、EMFの強度とばく露時間に依存して変化した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of mobile phone radiofrequency (910 MHz and 940 MHz) on the structure and function of hemoglobin, because of the importance of hemoglobin as a sole oxygen transporter in blood.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 910–940 MHz
ばく露時間: continuous for 1 h or 2 h

ばく露1

主たる特性
周波数 910–940 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 1 h or 2 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • spiral antenna
ばく露装置の詳細 antenna inside a temperature controlled incubator
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 77 V/m - 計算値 - -
電力密度 15.7 W/m² - 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data indicated that mobile phone electromagnetic fields (both frequencies) altered oxygen affinity and tertiary structure of hemoglobin. Furthermore, the decrease of oxygen affinity of hemoglobin corresponded to the electromagnetic field intensity and time of exposure.

研究の種別:

研究助成

関連論文