研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト細胞のクロマチンに対するさまざまな偏波のマイクロ波放射の影響] med./bio.

The influence of differently polarised microwave radiation on chromatin in human cells.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2009; 85 (4): 322-329

この研究は、マイクロ波の偏波条件を変えた実験を行なって、マイクロ波放射がヒト細胞のクロマチン状態に与える生物学的影響の可能性を調べた。単離されたヒト頬上皮細胞に、円偏波および直線偏波の35 GHzマイクロ波ばく露を表面電力密度30 μW/ cm2で与えた。ヒト細胞のクロマチンの状態は、光学顕微鏡および電子顕微鏡によって観察された。細胞膜の状態は、生細胞のインジゴカルミン染色法によって評価された。その結果、ヒト細胞において、マイクロ波誘導性のクロマチン凝縮が観察された;凝縮の程度は、マイクロ波の偏波状態に依存した;すなわち、左円偏波の場合、直線偏波に比べ、影響が小さかった;直線偏波の場合、細胞染色の増加が見られ、これは細胞膜損傷誘導されたことを示す、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the possible biological effects of differently polarised microwave irradiation on the chromatin state in human cells.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 35 GHz
ばく露時間: continuous for 10 s

ばく露1

主たる特性
周波数 35 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous for 10 s
Additional information or circular polarization
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • antenna
Distance between exposed object and exposure source 10 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 30 µW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data demonstrated important biological effects of monochromatic microwave irradiation at 35 GHz: Low-level microwave irradiation induced chromatin condensation in human cells and damages of cell membranes.

研究の種別:

研究助成

関連論文