研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ELFパルス変調X帯域マイクロ波は、インビトロのヒト星状細胞腫細胞の増殖を促進する] med./bio.

Exposure to ELF-pulse modulated X band microwaves increases in vitro human astrocytoma cell proliferation.

掲載誌: Histol Histopathol 2009; 24 (12): 1551-1561

電磁界(EMF)の生物学的影響についての社会的な懸念が、X帯域マイクロ波(MW)の拡大によって高まってきている。今回の研究の目的は、この帯域でのMWパルスへのばく露がヒト星状細胞腫細胞における毒性作用を誘発するかどうかを確認することであった。培養星状細胞腫細胞(Clonetics 細胞株 1321N1)は、ギガヘルツ横電磁モードセル(GTEM-セル)内で極低周波(ELF)EMFパルスによって90%振幅変調された9.6GHzキャリヤーに置かれた。星形細胞培養物は37±0.1℃、5%CO2、湿度環境の標準的な状態の培養器の中に置かれた。2種類の実験条件は、PW100-120ns、PRE100-800Hz、PRI10-1.25ms、出力0.34-0.64mW、電界強度1.25-1.64V/m、磁界ピーク振幅41.4-54.6μOeの電磁界パラメーターのそれぞれに適用された。SARは4.0×10-4W/kgになるように計算された。星状細胞腫細胞サンプルは標準的な培養器で培養され、70-80%の密集度に達した後、GTEM培養器に移された。実験の過程で、ヒト星状細胞細胞をMWに15分、30分、60分、24時間ばく露し、また偽ばく露の対照サンプルはばく露なしで置かれた。実験は二重盲検式で行われた。今回の結果では、細胞骨格タンパク、細胞形態、細胞生存には変化が生じなかった。統計的に有意な結果では、24時間のMWばく露の条件下で、細胞増殖促進が示された。Hsp-70とBcl-2の抗アポトーシスタンパク質は対照サンプル、ばく露サンプルとも観察されたが、コネキシン43タンパク質ばく露サンプルで確認された。増殖促進におけるこれらの結果の意味するところが、我々の現在の研究の主題である。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether exposure to microwave pulses in the X band range can induce cytotoxic effects on human astrocytoma cells.

詳細情報

Exposure experiments were replicated five times keeping cells in culture for 15, 30, 60 min and 24 h.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 9.6 GHz
Modulation type: AM, pulsed
ばく露時間: continuous for 15 min, 30 min, 60 min or 24 hr
ばく露2: 9.6 GHz
Modulation type: AM, pulsed
ばく露時間: continuous for 15 min, 30 min, 60 min or 24 hr

ばく露1

主たる特性
周波数 9.6 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min, 30 min, 60 min or 24 hr
Modulation
Modulation type AM, pulsed
Modulation depth 90 %
Pulse width 100 ns
Rise time 1 ms
Repetition frequency 100 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • GTEMセル
ばく露装置の詳細 horn shaped GTEM cell equipped with anechoic walls, placed in a GTEM-incubator made of plastic material and heated by circulated water
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁界強度 3.3 mA/m peak - - -
電力 0.34 mW - - - -
電界強度 1.25 V/m - - - -
SAR 0.4 mW/kg - 計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 9.6 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 15 min, 30 min, 60 min or 24 hr
Modulation
Modulation type AM, pulsed
Modulation depth 90 %
Pulse width 120 ns
Rise time 1.25 ms
Repetition frequency 800 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁界強度 4.35 mA/m peak - - -
電力 0.6 mW - - - -
電界強度 1.64 V/m - - - -
SAR 0.4 mW/kg - 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that cytoskeleton proteins, cell morphology and cell viability were not modified by exposure. A statistically significant increased cell proliferation rate was found under 24 h microwave exposure (both exposure experiments). An increased expression of connexin 43 proteins was found in exposed samples (24 h exposure, both experiments).

研究の種別:

研究助成

関連論文