[60 Hz強電界のラット内分泌への影響] med./bio.

Endocrinological effects of strong 60-Hz electric fields on rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1981; 2 (2): 105-121

成獣オスラットをスパーク放電、オゾン、高いレベルの他の副次産物がない60Hz電界へのばく露擬似ばく露された。有効電界強度、68kV/mへの30日間ばく露後の体重と血漿中のホルモンレベルに変化は見られなかった。ばく露(有効電界強度=64 kV/m)120日後では、影響は一貫していなかった。1回の実験では、体重と卵胞刺激ホルモンコルチコステロンのレベルが有意に低下し、2回目の実験ではそのような結果は見られなかった。血漿中のテストステロンレベルは、1回目の実験で120日後に、有意に減少したが、再現実験では同じか、統計的に有意な減少はなかった。離乳ラット、20-56日にわたって80kV/mの電界ばく露擬似ばく露されたが、体重と臓器重量は同じかほぼ同じような成長傾向が見られた。ばく露擬似ばく露ホルモンレベルも同じであった。しかし、両群でホルモン濃度の周期変動についてはっきりした位相シフトが見られた、卵胞刺激ホルモンコルチコステロンについて、違った発達ステージにおいて。60Hz電界は、ラット内分泌系に微妙な変化をもたらすかもしれず、このような変化は一時的なリズム変化に関係するかもしれない。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文