研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[高架式迷路にて携帯電話ばく露されたWistarラットの活動性低下] med./bio.

Hypoactivity of Wistar rats exposed to mobile phone on elevated plus maze.

掲載誌: Indian J Physiol Pharmacol 2009; 53 (3): 283-286

この研究は、携帯電話電磁界へのばく露高架式十字迷路(EPM)でのWistarラット行動に変化を引き起こすか否かを試験した。10〜12週齢のWistar系のオスのアルビノラットを2群(各群6匹)に分け、ばく露群と対照群とした。ばく露群は、ケージに、ラットが接触しないように取り付けられたGSM携帯電話振動モード(着信音なし)に設定)から、1日50回の不在着信(1分間継続;間隔は15秒)ばく露を4週間受けた。ばく露実験後、すべての動物はEPMで試験された。ばく露群の3匹は、最後のばく露の1時間後に、テストされ、他の3匹は24時間後に試験された。対照群はすべて、24時間後に試験された。その結果、ばく露群では、EPMでのラット行動が変化した;ばく露群の場合、EPM試験中に排便ペレットが見られたが、対照群では見られなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether mobile phone exposure causes changes in behavior of rats in the elevated plus maze.

詳細情報

The animals were divided into two groups of six rats each: control group and exposure group. Three of the exposed rats were tested one hour after the last exposure while the other three were tested 24 h after exposure. Controls were tested along with the 24 h post exposure group.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900–1,800 MHz
ばく露時間: 50 missed calls of 1 min each /day for 4 weeks - with 15 s intervall between the calls
-

ばく露1

主たる特性
周波数 900–1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 50 missed calls of 1 min each /day for 4 weeks - with 15 s intervall between the calls
Additional information phone in vibration mode, no ring tone
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 phone placed in a 4" x 2" x 1" wood-bottom cage inside the 14" x 9" x 8" animal cage with 3 animals per cage
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The preliminary data indicated that the mobile phone exposure induced behavioral changes in rats, expressed as a deficit in open arm exploration in the elevated plus maze. Additionally, the number of defecation pellets of exposed animals was increased compared to control animals.

研究の種別:

研究助成

関連論文