研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話からの放射と発達中の脳:幼若ラットにおける行動的および形態学的影響] med./bio.

Mobile phone radiation and the developing brain: behavioral and morphological effects in juvenile rats.

掲載誌: Radiat Res 2007; 168 (4): 471-479

子供とティーンエイジャーによる携帯電話使用が増えていることは、彼らの健康への関心を引き起こした。そうした懸念に対処することは難しい。何故なら、無線周波数(RF)場への、神経系発達期における長期ばく露の影響の可能性に関して利用できるデータがないからである。若いオスのウィスター系ラットが、900MHzの携帯電話信号に5日/週、2時間/日のばく露を受けた場合について、中枢神経系における形態学的および機能的変化の可能性を評価した。全身平均比吸収率0.3、3.0W/kg、または擬似のばく露を5週間行った後、1グループにつき6匹のラット組織学的検査を受け、残り18匹のラット行動試験を受けた。ニューロン変性ニューロン死、または血液脳関門の漏出に対する影響は検出されなかった。オープンフィールド試験、十字迷路試験および音響驚愕反応試験において、グループ間の違いは観察されなかった。しかし、水路の迷路試験では、RF場にばく露したラットにおいて、学習(P=0.012)と記憶(0.01)が大いに改善されたことが検出された。その結果は、人が携帯電話放射ばく露する強度に相当するレベルにおいて、発達中の脳に対する深刻な脅威となることを示唆しなかった。しかし、改善された学習記憶に関する興味深い知見については、更なる研究が必要である。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the biological effects of long-term radiofrequency electromagnetic field exposure on the developing brain of rats.

詳細情報

The rats (24 per group) were exposed daily until they were 8 weeks old. At this point six rats of each group were examined histologically to determine possible changes in brain morphology. The remaining 18 rats per group went through a battery of behavioral tests over 4 further weeks.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days/week, for 5 weeks
  • SAR: 0.3 W/kg mean (whole body) (±30%)
  • SAR: 3 W/kg mean (whole body) (±30%)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 repeated daily exposure, 2 h/day, 5 days/week, for 5 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.577 ms
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The exposure system used earlier [Heikkinen et al., 2006] was modified so that it consisted of only three chambers for sham, low dose and high dose exposure. The chambers consisted of two parallel circular aluminium plates (152 cm in diameter and 15 cm apart) short-circuited at the edges with RF-absorbing material attached inside to reduce reflections.
ばく露装置の詳細 Twenty-four rat cages made of polycarbonate were placed symmetrically around the antenna near the edge of each chamber. The rats could move freely in their cages. Only eight rats (one rat in every third cage) were placed in each chamber, and cylindrical homogeneous flask phantoms (110 ml) were placed in the empty cages.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.3 W/kg mean 測定値および計算値 whole body ±30%
SAR 3 W/kg mean 測定値および計算値 whole body ±30%

Reference articles

  • Heikkinen P et al. (2006): [3‐クロロ‐4‐(ジクロロメチル)‐5‐ヒドロキシ‐2(5H)‐フラノンによって誘導されるメス Wistarラットの腫瘍に対するラジオ周波照射の影響はない]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No evidence for deleterious effects of GSM-type radiofrequency irradiation in the behavioral or morphological data were found. No degenerative changes, dying neurons, or effects on the blood-brain barrier permeability were detected. No differences were found in the open field test, plus maze test or acoustic startle response tests. The only significant differences between the exposure groups and the sham exposed group were improved learning and memory in the Morris water maze test.

研究の種別:

研究助成

関連論文