研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[パルス変調900 MHz電磁界は甲状腺機能低下および甲状腺細胞のアポトーシスを誘導する:光学および電子顕微鏡検査、免疫組織化学的研究] med./bio.

Pulse modulated 900 MHz radiation induces hypothyroidism and apoptosis in thyroid cells: A light, electron microscopy and immunohistochemical study.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2010; 86 (12): 1106-1116

この研究は、甲状腺に対するパルス変調無線周波(RF)電磁界組織病理学的影響を、光学顕微鏡検査、電子顕微鏡検査、免疫組織化学的手法を用いて調査した。2カ月齢のウィスター系雄ラットを900MHzのパルス変調RF電磁界SAR 1.35 W/kg)に1日20分、3週間ばく露させた。RF信号のパルス変調は、繰り返し周波数217Hz、デューティサイクル1:8の方形パルス(パルス幅0.576ms)である。甲状腺への影響評価指標には、小胞またはコロイドの直径および面積、小胞コロイド含有量、小胞上皮厚などの形態分析、透過電子顕微鏡検査によるアポトーシスの確認、アポトーシス進行中の細胞を示す重要なマーカであるイニシエーターカスパーゼ(カスパーゼ9)およびエフェクターカスパーゼ(カスパーゼ3)の活性を用いた。その結果、形態分析により、ばく露群での甲状腺の機能低下が見られた;この機能低下は甲状腺ホルモン分泌の阻害によるものであった;ばく露群の甲状腺細胞アポトーシス小体の形成とカスパーゼ9およびカスパーゼ3の活性向上が観察された、などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the histopathological effects of pulse modulated radiofrequency fields on the thyroid gland of rats.

詳細情報

30 rats were divided into a cage control, a sham exposed group and into an exposure group (each group n=10).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 20 min./day on 21 days
  • 電界強度: 41 V/m effective value
  • SAR: 1.35 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 continuous for 20 min./day on 21 days
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.576 ms
Duty cycle 12.5 %
Repetition frequency 217 Hz
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 10 cm
ばく露装置の詳細 rats placed in 15 cm x 20 cm x 20 cm Polymethyl methacrylate plastic cages above the rectangular horn antenna (20 cm - 25 cm)
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 41 V/m effective value 測定値 - -
SAR 1.35 W/kg average over mass 計算値 whole body -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Morphological analysis of the thyroid glands demonstrated a high prevalence of cell hypothyrophy due to the modulated radiofrequency exposure. Immunohistochemical results indicated that the exposure activated caspase-9 and caspase-3 enzymes whose proteolytic enzyme activities are key factors in apoptosis.
Overall, the data showed that whole body exposure to pulse modulated radiofrequency irradiation similar to that emitted by GSM mobile phones can cause pathological changes in the thyroid gland by altering the thyroid gland structure and enhancing caspase-dependent pathways of apoptosis.

研究の種別:

研究助成

関連論文