研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波磁界は硫酸還元菌の生存能力に影響する] med./bio.

Extremely-low frequency magnetic field effects on sulfate reducing bacteria viability.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2010; 29 (4): 177-185

研究目的(著者による)

硫酸還元菌の生存能力に対する超低周波磁界の影響を調べること。

詳細情報

細胞ばく露後の2日間インキュベートした、コロニーの数を数えた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 3 min - 24 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 3 min - 24 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 samples placed in petri dishes on a non-conductive plate in the center of the cylindrical coil; field uniformity 5 %
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 7.1 mT maximum 測定値 - -

Reference articles

  • Fojt L et al. (2004): [大腸菌(Escherichia coli)、陰性桿菌(Leclercia adecarboxylata)、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)に対するに対する低周波磁界の影響の比較]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

このデータは、対照サンプルと比較して磁界ばく露後(24分間)にコロニー形成単位の数の15%減少を示した。

研究の種別:

研究助成

関連論文