研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[硫酸還元細菌への超低周波磁界の影響に関する電気化学的評価] med./bio.

Electrochemical evaluation of extremely-low frequency magnetic field effects on sulphate-reducing bacteria.

掲載誌: Folia Biol (Praha) 2012; 58 (1): 44-48

この研究は、硫酸塩還元細菌生存率に対する50 Hz磁界の影響を電気化学的に調べた。硫酸塩還元細菌に、50 Hz、10 mTの磁界ばく露を24分間連続で与えた後、2日間培養し、その後直ちに電気化学的測定を行った。電気化学的測定には、2種類のグラファイト(熱分解炭素およびガラス状炭素)製電極を用いた。電極は、透析膜の背後に置かれ、全ての細菌細胞をカバーした。その結果、磁界ばく露後のサイクリックボルタモグラムで、対照サンプルと比較して、還元ピーク電流密度が約15 %減少することが示された;還元ピーク電流密度は、細菌細胞の脱硫活性、すなわち、細胞の代謝活性の指標である;しかし、著者は、「磁界ばく露は硫酸塩還元菌の代謝活性(脱硫)に影響を与えないが、おそらく細菌死を引き起こす」と考察する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of extremely low frequency magnetic fields on sulfate reducing bacteria viability.

詳細情報

Cells were incubated for two days following exposure and subsequently investigated.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 24 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 24 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 210 mm high cylindrical coil with an inner diameter of 205 mm, an outer diameter of 235 mm and 880 turns of wire with a diamter of 2 mm; samples placed on a non-conductive plate in the center of the coil, where the magnetic field was uniform
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 mT maximum 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed a 15% decrease of reduction peak current density (which indicates metabolic activity of the bacterial cells) on cyclic voltammograms after magnetic field exposure compared to the control samples. The authors suppose that the magnetic field does not influence the metabolic activity of sulphate-reducing bacteria but most probably causes bacterial death.

研究の種別:

研究助成

関連論文