[大腸菌に対する低周波磁界の影響] med./bio.

Effects of low-frequency magnetic fields on bacteria Escherichia coli.

掲載誌: Bioelectrochemistry 2002; 55 (1-2): 161-164

グラム陰性の大腸菌の活性に対する低周波磁界(2.7-10 mT, 50Hz, 0-12分ばく露、室温, )の影響を調べた。これらのバクテイリアの成長は磁界によって負の影響を受けた。ソレノイドとシリンダー方式による2通りの実験系で、均一磁界と不均一磁界の効果の違いを調べ、両方の条件でおなじような結果を観察した。成長曲線はばく露群の方が低かった。磁界強度の増加とばく露時間の増加につれ、細胞がコロニー形成能力が低下した。ばく露が増えると酸素活動が減った。これらの結果から磁界ばく露細胞を殺す作用があるように思われる。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文