研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[エックス線または60Hzの磁界にばく露したHL60細胞における遺伝子発現のBIGEL解析] med./bio.

BIGEL analysis of gene expression in HL60 cells exposed to X rays or 60 Hz magnetic fields.

掲載誌: Radiat Res 1998; 150 (6): 663-672

この研究は、無作為選択された1920個のcDNAのパネルをスクリーニングして、60 Hz磁界(2 mT)またはX線(5 Gy)のばく露を受けたHL60細胞で、無ばく露細胞と比べて差別的に発現する遺伝子を探索した。これらのクローンの同定には、著者らの開発した2ゲルライブラリースクリーニング法(BIGEL)を用いた。その結果は、差別的な遺伝子発現は、電離放射線によりcDNAの無作為プールの約1%に誘導されるが、60 Hz磁界では誘導されないことが示された、と報告している。

研究目的(著者による)

60Hz磁界ばく露、またはエックス線(2Gy/分、陽性対照として)を照射したHL60細胞における、非ばく露細胞とは異なって発現した遺伝子を見出すこと。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露時間: continuous for 3 h

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 3 h
Additional information The generated magnetic field was linearly polarized and was nearly pure 60 Hz with a third harmonic component 20 to 40 decibels lower than the fundamental.
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 solenoid (38.7 cm long, 12 cm in diameter, 199 turns, 1.59 mH); tissue culture flasks placed horizontally in the central planes of long solenoids wound on thin-walled Plexiglas cylinders enclosed in magnetic shield cylinders, all of them were placed parallel to each other in water bath; water bath insulated with Styrofoam (1.2 m long, 0.7 m wide, 11 cm deep); solenoid used for sham control was bifilar wound; each solenoid was shielded by mu-metal enclosures
Additional information X-ray irradiation was performed at a dose rate of 2 Gy/min. Control cells were placed in the X-ray room for the same period.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 mT unspecified 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

無作為抽出したcDNA(合計1920)の約1%で、エックス線による異なる遺伝子発現が認められたが、60Hz磁界によるものはなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文