研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[播種前の種子の磁界処理によるオクラの発芽、生育および収量の増強] med./bio.

Enhancement in the germination, growth and yield of okra (Abelmoschus esculentus) using pre-sowing magnetic treatment of seeds.

掲載誌: Indian J Biochem Biophys 2012; 49 (3): 211-214

この研究は、オクラ(Abelmoschus esculentus cv. Sapz pari)の発芽、成長、収量に対する播種前の種子の磁界ばく露処理の効果を調べた。乾燥したオクラの種子は、電磁石により生成された正弦波磁界ばく露を受けた。ばく露時間は、3分間または11分間、平均磁束密度は99 mTであった。磁界処理を行わなかった種子を対照とした。処理された種子と処理されていない種子は、同様の条件下で実験区画(120 m2)に播種され、サンプルを定期的に収集した。その結果、磁界処理群では、発芽率、植物あたりの花の数、葉の面積(cm2)、成熟時の草丈(cm)、植物あたりの実の数、植物あたりの鞘の質量、および植物あたりの種子の数に有意な増加が観察された;11分間処理群の方が、対照と比較して、より良い効果を示した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of pre-sowing magnetic field treatments on germination, growth and yield of okra.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 3 min or 11 min

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 3 min or 11 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 four cylindrical coils, each consisting of 4000 turns of 0.41 mm enameled copper wire wound on an iron bar; each pair of coils spaced 10 cm apart; both pairs positioned one above the other; coils connected in series; seeds placed in 10 cm x 3.5 cm rectangular glass dishes which were positioned in the gap between the coils
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 99 mT - 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data showed that the magnetic field pre-treatment significantly increased the germination percentage, number of flowers per plant, leaf area, plant height at maturity as well as the number of fruits, pod mass and number of seeds per plant. The magnetic field exposure for 11 minutes showed better results than the sham exposed control or the exposure for 3 minutes.

研究の種別:

研究助成

関連論文