研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトの全血に対する434 MHzマイクロ波放射の非熱的影響に関する研究] med./bio.

A search for nonthermal effects of 434 MHz microwave radiation on whole human blood.

掲載誌: Radiat Res 1983; 96 (2): 235-250

この研究は、ヒトの全血に434MHzマイクロ波(最大594mW cm -2)の6時間ばく露を与え、血漿中のヘモグロビンナトリウムおよびカリウムのレベルをモニターした。その結果、ばく露後に赤血球膜の脆弱性上昇が示された;この影響の説明として、局所的加熱を排除することは不可能であったが、球状試料内の既知かつ合理的に一様性が保たれている電界分布である場合は、赤血球膜の脆弱性上昇は観察されなかった;したがって、この研究では、赤血球に対するマイクロ波放射非熱的有害作用を示す先行研究の結果を確認することはできない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

Possible nonthermal effects of 434 MHz microwave radiation on human blood should be investigated in vitro.

詳細情報

Mean plasma levels of hemoglobin, sodium, and potassium were determinated. Plasma levels of hemoglobin and sodium and potassium ions serve as an indicator of red blood cell (erythrocytes) haemolysis, caused by an increased membrane fragility.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 434 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 6 h
  • 電力密度: 225 mW/cm² (free space power density; experiment 1 and 4)
  • 電力密度: 540 mW/cm² (free space power density; experiment 1 and 4)
  • 電界強度: 15 V/cm (+/- 4 per cent)
ばく露2: 434 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 6 h
  • 電力密度: 100 mW/cm² minimum (unspecified) (225 mW/cm², 410 mW/cm², 600 mW/cm² max value; experiment 2*)

ばく露1

主たる特性
周波数 434 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 6 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 円筒導波管
  • rectangular 52x35cm, aluminium
チャンバの詳細 TE10 mode, aluminium plate at lambda/4 as short circuit, absorbing material, 5ml polysterene tubes supported by expanded and solid polysteren support
ばく露装置の詳細 cylinder axis of tubes horizontal
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 225 mW/cm² - 備考を参照のこと。 - free space power density; experiment 1 and 4
電力密度 540 mW/cm² - 備考を参照のこと。 - free space power density; experiment 1 and 4
電界強度 15 V/cm - 備考を参照のこと。 - +/- 4 per cent

ばく露2

主たる特性
周波数 434 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 6 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • open field control
Additional information Spherical samples placed as in exposition 1
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 mW/cm² minimum - unspecified 225 mW/cm², 410 mW/cm², 600 mW/cm² max value; experiment 2*

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Indicated by the measurements no increased membrane fragility was observed, which could be clearly assigned to nonthermal effects.

研究の種別:

研究助成

関連論文