研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[予備的報告:携帯電話使用に関連した症状] epidem.

Preliminary report: symptoms associated with mobile phone use.

掲載誌: Occup Med (Lond) 1998; 48 (6): 357-360

この研究は、携帯電話の使用に関連して報告されている症状について、構造化質問票に基づく電話インタビュー調査した結果を記述的に報告している。多様な職業を持つ40人の回答者から、頭痛の部位、症状の特徴など不快な感覚についての説明がなされた;電話の使用との時間関係も様々であった(通話中、使用後など);ヘッドセット使用、機種変更との関係を述べた回答者もいた、などの知見が羅列されている。

研究の目的(著者による)

オーストラリアでの調査において、症状携帯電話使用との関連を調査した。

詳細情報

調査参加者は、幾つかのメディア宣伝につながる医学誌での告知によって採用した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

ばく露

ばく露評価

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 50
参加者 40

結論(著者による)

40人の回答者は、主に通話開始の数分後に生じる、不快な温感または頭部の鈍痛といった症状を記述した。症状は通常の受話器使用時には生じず、通常の頭痛とは異なっていた。症例の75%はデジタル携帯電話と関連付けられた。三人の回答者は、携帯電話をベルトに保持することに関連した局所的な症状を報告した。
著者らは、症状の範囲とその機序を決定するため、更なる研究が必要であると結論付けている。

研究助成

関連論文