研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[南インドの準都市地域の成人における携帯電話使用とその健康影響] epidem.

Mobile Phone Usage and its Health Effects Among Adults in a Semi-Urban Area of Southern India.

掲載誌: J Clin Diagn Res 2016; 10 (1): LC14-LC16

この研究は、インドのタミルナードゥ州コッタキュパン(人口は約16000人)で行われた成人携帯電話使用および健康影響に関する地域コミュニティベースの横断調査である。構造化質問票を用いて家庭訪問により2121人の調査参加者にインタビュー調査した。調査項目は、社会人口学的プロファイル、携帯電話使用とパターン、健康問題(種々の自覚症状)、便益や恐怖の認知血圧などである。2054人の回答を分析した。その結果、携帯電話の使用率は70%;使用目的は通話(94.2%)、ショートメッセ−ジサービス(67.6%)が多かった;頭痛耳の痛み耳鳴り、指の痛み、落ち着きのなさなどの申告が携帯電話使用と関連した、などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究の目的(著者による)

A cross-sectional study was conducted in India to investigate the association between mobile phone use and health effects among adults.

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ:

ばく露

ばく露評価

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 mobile phone use: no
集団 2 mobile phone use: yes

調査対象集団

調査規模

タイプ
参加者 2,121
評価可能 2,054
統計学的分析方法: ( 調整: )

結論(著者による)

Overall, 69.8% of the participants reported to use mobile phones. Most of them were using calling facility (94.2%), followed by SMS facility (67.6%).
Health problems that were found to be positively associated with mobile phone usage were headache, earache, neck pain, tinnitus, painful fingers, morning tiredness, fatigue, eye symptoms, sleep disturbance and restlessness. Hypertension was more uncommon among mobile phone users compared to non-users.
The authors concluded that an association between selected health symptoms and mobile phone use was observed.

研究助成

関連論文