研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[妊娠中の超低周波電磁界へのばく露と自然流産のリスク:症例対照研究] epidem.

Exposure to extremely low frequency electromagnetic fields during pregnancy and the risk of spontaneous abortion: a case-control study.

掲載誌: J Res Health Sci 2013; 13 (2): 131-134

この研究は、2012年に、ある病院の産科において、妊娠 < 14 週で自然流産した58人の症例と、症例とマッチした対照58人(>14週の妊娠中)を対象に、超低周波電磁界(ELF EMF)の影響を調べた症例対照研究である。参加者への質問票調査で、社会経済的状態、肥満特性、医療および生殖の履歴の情報を入手した。参加者の住宅のELF EMFレベルとして、3軸EMF 測定器(Model: ELF-828; 台湾製)を用いて、30 Hzから3 kHzの周波数範囲の磁界強度を測定した。その結果、症例群と対照群のELF EMFの大きさには有意差があった、とのみ報告している。

研究の目的(著者による)

妊娠中の超低周波電磁界へのばく露と自然流産リスクとの関連を調査するため、イランにおいて症例対照研究を実施した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露評価

調査対象集団

症例集団

対照集団

調査規模

症例 対照
適格者 58 58
統計学的分析方法: (調整: )

結論(著者による)

症例(0.40 ± 0.31µT)及び対照(0.14 ± 0.15µT)の住居で測定された磁界強度には有意差が認められた。測定された磁界強度と自然流産リスクとの統計的に有意な関連(OR 1.85、CI 1.38-2.47)が認められた。

研究助成

関連論文