研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study, observational study)

[マウスの出生前発達におけるRF放射誘導性の変化] med./bio.

RF radiation-induced changes in the prenatal development of mice.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1997; 18 (6): 455-461

この研究は、RF電磁界ばく露がマウスの出生前の発達に与える影響の可能性を調べた。「アンテナパーク」周辺のいくつかの場所でのRFレベル測定を行い、その後、インビボ実験を実施した。測定場所でのRF電力密度は168nW / cm 2〜1053nW / cm 2の範囲であった。2つのグループに分けられた12対のマウスを、さまざまな電力密度の場所に配置し、繰り返し5回交配させ、188匹の新生仔が収集された。身体計測、体重測定、肉眼的および顕微鏡的な検査が実施された。その結果、母マウス一匹あたりの新生仔数の漸進的減少が観察され、最終的には不可逆的な不妊症となった;しかし、新生仔の出生前の発育(頭臀長、体重、および腰椎、仙椎、尾椎の数で評価)は改善した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study possible effects of radiofrequency irradiation on prenatal development in mice.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 88.5–950 MHz
ばく露時間: 5 pregnancies

General information

for measurment 80-900MHz log per antenna + spectrumanalyzer

ばく露1

主たる特性
周波数 88.5–950 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 5 pregnancies
ばく露装置
チャンバの詳細 plexiglass cage
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 1.053 µW/cm² - 備考を参照のこと。 - school
電力密度 168 nW/cm² - 備考を参照のこと。 - at d)
SAR 1.936 µW/g - 備考を参照のこと。 cf. remarks school

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

A progressive decrease in the number of newborns per dam was found, which ended in irreversible infertility. The prenatal development of the newborns, however, evaluated by the crown-rump length, the body weight, and the number of the vertebrae, was improved.

研究の種別:

研究助成

関連論文