[人骨芽細胞の一型コラーゲンmRNA発現および細胞外基質合成に及ぼす超低周波電磁界(EMF)の影響] med. app.

Effects of extremely low frequency electromagnetic field (EMF) on collagen type I mRNA expression and extracellular matrix synthesis of human osteoblastic cells.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1998; 19 (4): 222-231

<目的>人骨芽細胞を3次元細胞培養モデルで培養し、20Hz正弦波電磁界EMF;6mT、113mV/cm)の一型コラーゲンmRNA発現および細胞基質合成に及ぼす影響を、増殖因子を対照にして、検討する。 <方法>正常健康人(HO-197)および骨化性筋炎(MO-192)患者より分離した細胞をスポンジ状3次元基質培養した。人骨芽細胞を3次元細胞培養モデルで培養し、20Hz正弦波電磁界EMF;6mT、113mV/cm)の一型コラーゲンmRNA発現および細胞基質合成に及ぼす影響を、増殖因子を対照にして、検討した。 <結果および結論>正常健康人(HO-197)および骨化性筋炎(MO-192)患者より分離した細胞をスポンジ状3次元基質培養した。電磁界曝露後の一型コラーゲン発現は、HO-197細胞では3.7倍、MO-192細胞では5.4倍であった。TGF-betaおよびIGF-I処理後も同様の変化が見られた。電磁界と2種の増殖因子の併用では、相乗効果は見られなかった。MO-192細胞は、3型コラーゲン骨芽細胞分化マーカーであるTP-1とTP-2とともに骨芽細胞に特徴的細胞基質である一型コラーゲン、アルカリフォスファターゼ、オステオカルシンの産生がみられた。骨芽細胞分化に及ぼす電磁界の影響は、TGF-betaおよびIGF-Iと同様である。骨疾患治療電磁界の影響は一型コラーゲンmRNA発現を介するものでこれが強い細胞基質合成を引き起こしていると思われる。

関連論文