[自己評定した電磁過敏症および感受性に対する個別対応したばく露の影響:二重ブラインド無作為化対照試験] med./bio.

Effects of personalised exposure on self-rated electromagnetic hypersensitivity and sensibility - A double-blind randomised controlled trial.

掲載誌: Environ Int 2017; 99: 255-262

この研究は、これまでの電磁過敏症者(EHS)誘発実験で指摘された問題点(EHS者に実験室への来訪を強いる(ストレスが多いと見られる)、試験信号の種類をEHS者は選択できない)を改善するため、EHS者が在宅で、ばく露条件(信号タイプ、強度、ばく露時間)を個別に設定して2重ブラインドばく露ができるような持ち運び型ばく露装置を作成し、それを用いて試験した。試験の目的は、被験者ばく露状況を同定できるか否かを判定すること、試験結果のフィードバックがEHS自己申告レベルを変えるかを評価することの2点である。ベースライン調査、二重ブラインド無作為化対照試験の直前および直後、試験の2、4ヶ月後の2回のフォローアップ調査の計5回、質問票調査を実施した。無線周波または超低周波電磁界を感じ取ると報告した人を適格な被験者とし、彼らの自宅または彼らが試験を快適に行えると指定した場所で試験場所とした。2重ブラインド試験の前に、ブラインド無しのばく露セッションを設けて試験するばく露条件を選択し、そのばく露条件は被験者が反応するばく露条件であることを実験者は被験者と共に確認した。2重ブラインド試験では、10回の「真のばく露」および「擬似ばく露」が無作為順に呈示された。試験結果は試験終了直後にフィードバックされた。結果として、被験者は42人(29-78歳、平均年齢55歳、女性が76%);2重ブラインド試験において、「真のばく露」を偶然以上の確率で正確に言い当てることのできた人はいなかった;フォローアップ調査でのEHS自己申告レベルは、ベースラインに比べて有意差がなかった;しかし、フォローアップ調査では、「数分以内にばく露に反応する」ことの確かさの低下の報告、ベースラインに比べて報告される症状数の有意な減少が見られた;個別対応した手順での試験への参加体験を生かす人が一部存在することが示唆された、と報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 925–960 MHz
ばく露2: 1,805–1,880 MHz
ばく露3: 1,880–1,900 MHz
ばく露4: 2,110–2,170 MHz
ばく露5: 2,400–2,500 MHz
ばく露6: 50 Hz
ばく露7: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 925–960 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 0.2 V/m mean - partial body -
電界強度 6 V/m mean - partial body -
電界強度 0.44 V/m mean - partial body -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,805–1,880 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 1,880–1,900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - -

ばく露4

主たる特性
周波数 2,110–2,170 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - -

ばく露5

主たる特性
周波数 2,400–2,500 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - -

ばく露6

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.15 µT minimum - - -
磁束密度 6.6 µT maximum - - -

ばく露7

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - -

Reference articles

  • Huss A et al. (2016): [電磁感受性に関する在宅での個人に合わせた検査をするための新しいばく露装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文