研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[CDMA携帯電話が発するRF界に対する過敏症: ひとつの誘発研究] med./bio.

Hypersensitivity to RF fields emitted from CDMA cellular phones: a provocation study.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2009; 30 (8): 641-650

携帯電話使用者数が急速に増えつつある昨今、携帯電話の発する電磁界(EMFs)が健康に与える影響について人々の関心も著しく高まっている。当人によれば電磁過敏(EHS)を持つ人々は頭痛、不眠、物忘れなどの自覚症状を訴え、これらの症状携帯電話および/または基地局の発する無線周波数(RF放射線に帰する。しかしながら、EHS は、当人の自覚症状に依存するものであるために、診断が困難である。さまざまの誘発研究が、携帯通信グローバルシステム(GSM)電話によって引き起こされるEHSについて、行われてきた。これらの研究においては、心拍数血圧、あるいは自覚症状が調査された。しかしながら、符号分割多重アクセス方式(CDMA)電話によるEHSについて、生理学的パラメーター、自覚症状、RH放射線の知覚が、EHSのグループに対しても、非EHSのグループに対しても同時に調べられる、偽ばく露対照を用意した誘発研究はほとんどなかった。本研究では、2つの有志のグループ、ひとつは18人の自己申告のEHSの人々、もうひとつは19人の非EHSの人々が、偽および真の、CDMA携帯電話からのRFばく露テストを受けた。最大ばく露値は300mWであり、ばく露時間は30分であった。我々は、心拍数呼吸数心拍変動(HRV)などの生理学的パラメーターのみでなく、さまざまの自覚症状やEMF知覚についても調べた。結論としては、RFばく露はいずれのグループに対しても、生理学的パラメーターや自覚症状に影響を与えることはなかった。EMF知覚に関しては、EHSグループが非EHSグループよりもEMFを敏感に感じ取った証拠はなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether electromagnetic fields from CDMA mobile phones influence heart rate, heart rate variability, respiratory rate, or give rise to subjective symptoms in electromagnetic hypersensitivity (EHS; n=18) and non-electromagnetic hypersensitivity (n=19) subjects. The further aim of this study was to compare EHS and non-EHS subjects' ability to distinguish between real electromagnetic field exposure and sham exposure.

詳細情報

All of the EHS subjects described themselves as hypersensitive to radiofrequency fields emitted only by CDMA mobile phones and not to extremely low frequency fields.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 824.64–848.37 MHz
ばく露時間: continuous for 30 min
  • 電力: 300 mW maximum
  • SAR: 1.22 W/kg spatial average (1 g) (brain tissue)

ばく露1

主たる特性
周波数 824.64–848.37 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 30 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 lower part of a commercial folder-type phone with the keypad wrapped with 5 mm thick insulation; phone placed in a headset; phone set to testmode for continuous transmission of a clipped sine wave
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 300 mW maximum - - -
SAR 1.22 W/kg spatial average 測定値 1 g brain tissue

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Radiofrequency exposure did not have any effects on physiological parameters or subjective symptoms in either group. There was no evidence that the electromagnetic hypersensitivity group better perceived electromagnetic fields than the non-electromagnetic hypersensitivity group.

研究の種別:

研究助成

関連論文