研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[動物モデルとしてニワトリ胚発生を用いた電話およびWi-Fiからの電磁界の潜在的健康影響の研究] med./bio.

Study of potential health effects of electromagnetic fields of telephony and Wi-Fi, using chicken embryo development as animal model.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2017; 38 (3): 186-203

この研究は、十分に管理された実験環境において、ニワトリ胚発生を動物モデルとして、無線周波電磁界RF-EMF)の生物学的影響を調べた。ニワトリ卵を、GSM (1.8 GHz)、DECT (1.88 GHz)、UMTS (2.1 GHz)、WLAN (5.6 GHz)の連続ばく露下で孵化させた。各信号は、それぞれの変調プロトコルを適用し、かつ電界強度約3V/mの一様な電磁界分布で与えられた。一方、RF-EMF遮蔽されたばく露装置/孵卵器を用いた対照群を用意した。4つのばく露群および1つの対照群はそれぞれ卵400個/群とし、各条件の実験をそれぞれ3ラウンド行った。影響評価指標は、孵化中の胚死亡、孵化率、胚およびヒナとその組織形態学的および組織学的パラメータ、孵化7日目および14日目の胚での遺伝子発現プロファイルである。その結果、胚の死亡または奇形誘導、その他の影響評価項目への影響を示す決定的証拠は見出されなかった;ばく露群間の差は全て小さく、各ばく露による影響は有意でなかった;統計学的解析では、ばく露装置、実験ラウンド間での相互作用はなかった、と報告している

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The effects of exposure of chicken embryos to various electromagnetic fields of 1.8 - 5.6 GHz on the development should be investigated.

詳細情報

Fertile chicken eggs were divided into the following groups (n=450 each): 1) exposure to a 1.8 GHz electromagnetic field (GSM), 2) exposure to a 1.88 GHz electromagnetic field (DECT), 3) exposure to a 2.1 GHz electromagnetic field (UMTS), 4) exposure to a 5.6 GHz electromagnetic field (WLAN), 5) control group (n=900). Chicks hatched on day 22.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1.8 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露2: 1.88 GHz
ばく露3: 2.1 GHz
Modulation type: CW
ばく露4: 5.6 GHz

ばく露1

主たる特性
周波数 1.8 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
Distance between exposed object and exposure source 1.6 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 3 V/m - 推定値 - -
SAR 0.38 mW/kg average over time 計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 1.88 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 1.6 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 3 V/m - 推定値 - -
SAR 0.41 mW/kg average over time 計算値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 2.1 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
Modulation
Modulation type CW
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 1.6 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 3 V/m - 推定値 - -
SAR 0.45 mW/kg average over time 計算値 - -

ばく露4

主たる特性
周波数 5.6 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 1.6 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 3 V/m - 推定値 - -
SAR 0.38 mW/kg average over time 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Overall, no significant differences were found between the exposure groups and the control group.
The authors conclude that there are no strong indications for effects of exposure of chicken embryos to various electromagnetic fields of 1.8 - 5.6 GHz on the development.

研究の種別:

研究助成

関連論文