研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[キイロショウジョウバエの生殖能力に対する電磁界の影響] med./bio.

Effects of electromagnetic fields on the reproductive capacity of Drosophila melanogaster.

掲載誌: Biological Effects of Electromagnetic Radiation Springer, 2003, ISBN 9783540429890: 545-578

研究目的(著者による)

キイロショウジョウバエDrosophila melanogaster)の生殖能力に対する、異なる種類の電磁界正弦波磁界パルス電界無線周波パルスGSM電磁界)の影響を調べること。

詳細情報

各群は雌雄各10匹の新たに発生したハエで構成され、最初の48時間は別々のガラスビンに保持した。その後72時間、各群の雌雄を別のガラスビンに一緒に入れて(10組)つがわせ、産卵させた。

加えて、新たに発生したハエを、50Hz交番磁界と熱ショック(30℃)の組合せに48時間ばく露した。これらの実験では、各群の雌雄各10匹を実験開始時に同じガラスビンに一緒に入れ、48時間ばく露した。その後、雌を解剖し、可能性のある奇形について、卵巣内の異なる段階の卵を調べた。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 5 days
ばく露2: 50 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 30 min. every 2 hr during 5 days
ばく露3: 890–915 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 6 min./day for 5 days
not modulated (non-speaking mode)
ばく露4: 890–915 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 6 min./day on 5 days
modulated (speaking mode)
ばく露5: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 48 hr
co-exposure
ばく露6:
  • DC/static
ばく露時間: continuous for 48 hr
co-exposure

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous for 5 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 glass tubes with flies placed in the center of the coil's air-core
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 7 mT effective value 計算値 - -
電界強度 10 V/m - 計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • electric field
ばく露時間 30 min. every 2 hr during 5 days
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.5 ms
Repetition frequency 50 Hz
Pulse type biphasic
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • capacitor
ばく露装置の詳細 glass tubes with flies placed in the center of the capacitor
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 4 kV/cm - - - -

ばく露3

主たる特性
周波数 890–915 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 6 min./day for 5 days
Additional information not modulated (non-speaking mode)
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 216.7 Hz
Additional information

GMSK modulation

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 mobile phone in direct contact with the glass tube containing the flies
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.037 mW/cm² average over time 測定値 - +/- 0.007 mW/cm²
電界強度 11.8 V/m - 計算値 - -
磁束密度 0.04 µT - 計算値 - -

ばく露4

主たる特性
周波数 890–915 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 6 min./day on 5 days
Additional information modulated (speaking mode)
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 216.7 Hz
Additional information

GMSK modulation

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 mobile phone in direct contact with the galss tube containing the flies
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.618 mW/cm² average over time 測定値 - +/- 0.07 mW/cm²
電界強度 48.3 V/m - 計算値 - -
磁束密度 0.16 µT - 計算値 - -

ばく露5

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 48 hr
Additional information co-exposure
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 EMF exposure + heat shock (30°C)
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2.83 mT - - - -

ばく露6

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 48 hr
Additional information co-exposure
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 co-exposure to heat shock (30°C)
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 3.75 mT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

このデータは、a) 交番磁界ばく露後の生殖能力の僅かだが統計的に有意な低下(6%)、b) パルス電界ばく露後の生殖能力の大幅な上昇(40%)、c) GSM電磁界ばく露後の生殖能力の劇的な低下(非変調電磁界については15-20%、変調電磁界については50-60%)を示している。

共ばく露実験では、雌のハエの卵巣内での発達段階が異なる卵に、僅かな割合(5%)の奇形が生じた。
ストレスのみにばく露、及び静磁界と熱ストレス(30℃)との組合せにばく露した対照群には奇形は見られなかった。

結論として、このデータは、無線周波電磁放射、特に900MHzでのGSM携帯電話ばく露に強い生体活性があり、生物生理学的機能に有意な変化を生じることを示している。

研究の種別:

研究助成

関連論文