研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[GSM無線セルラー電話はヒトの下垂体前葉ホルモン分泌を妨害しない] med./bio.

GSM radiocellular telephones do not disturb the secretion of antepituitary hormones in humans.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1998; 19 (5): 271-278

この研究は、900 MHz GSM無線電話(217 Hzパルス変調、1/8デューティサイクル、ピーク電力2 W)放射へのばく露が、ヒトの内分泌機能に及ぼす影響を調べた。被験者は、19歳から40歳までの20人の健康な男性ボランティアである。各被験者は、携帯電話使用を、2時間/日、5日/週、1ヶ月間行い、これをばく露期間とした。影響評価項目は、血清副腎皮質刺激ホルモン、チロトロピン、成長ホルモンプロラクチン黄体形成ホルモン卵胞刺激ホルモン濃度である。血液試料の採取は、ばく露期間開始の3週間前から開始し、ばく露後2週間で終了した。週1回で、合計9回採取した血液試料を用いて、評価項目を分析した。各個人においてばく露ホルモン濃度を対照として使用した。その結果、全てのホルモン濃度が正常な生理学的範囲内にあることが示された;評価した6つのホルモンのうち5つにおいて、9つの毎週のサンプルの間に差はなかった;チロトロピン濃度にのみ有意な変化があり、7回目のサンプリングで21%の減少を示した。この変化は、ばく露後期間中に完全に回復した;携帯電話からのRF放射への1ヶ月の間欠的ばく露は、ヒトの下垂体前葉のホルモン分泌に長期的または累積的効果を引き起こさない、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of a 900 MHz radiofrequency irradiation emitted by a GSM (Global System for Mobile Communications) cell phone on human endocrine functions.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 890–900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure for 2 h/day, 5 days/week, for 4 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 890–900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 repeated daily exposure for 2 h/day, 5 days/week, for 4 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 12.5 %
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 Listening was always performed with the same ear and at the same place in the room. The devices were only used while receiving sound but because of the missing power control system, they were always emitting at maximum power.
Additional information Subjects were their own control.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak - - -
電力 250 mW average over time - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Findings indicated that all hormone concentrations remained within normal physiologic ranges. A difference was not revealed among the nine weekly samples in five of six hormones investigated. There was a significant change only in thyrotropin concentration (21% decrease on the seventh sampling). Because this alteration recovered during the postexposure period, it is concluded that one month of intermittent exposures to radiofrequency irradiation from a cellular telephone does not induce a long-lasting effect on the hormone secretion rate of the anterior pituitary gland in humans.

研究の種別:

研究助成

関連論文