研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[Sprague-Dawleyラットの精巣機能に対する20週間の連続的な60 Hz磁界ばく露の影響] med./bio.

The effect of 20-week continuous 60 Hz magnetic field exposure on testicular function in sprague-dawley rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2018; 39 (7): 539-546

先行研究では、連続的な60 Hz磁界へのマウスのばく露において、磁束密度ばく露時間が精巣生殖細胞のアポトーシス誘導と関連していることが報告されている。この研究は、60 Hz磁界への20週間の連続ばく露が、ラット精子運動性、形態、数、ならびに精巣生殖細胞のアポトーシスに及ぼす影響を調べた。Sprague-Dawleyラットを、2、20、または200 μTの60 Hz磁界に24時間/日、20週間ばく露または疑似ばく露した。その結果、2及び20 μT磁界ばく露精巣に影響しなかった。200 μTばく露は、生殖細胞におけるアポトーシスの増加を誘導し(P < 0.001)、精子数を減少させた(P < 0.05)。但し、磁界は身体または精巣の質量、精細管径、あるいは精子運動性または携帯には有意に影響しなかった。200 μTの60 Hz磁界ばく露精巣生殖細胞、特に精原細胞アポトーシスを増加させ、精子数を減少させ得る、と著者らは結論付けている。また、マウスでの先行研究と比較して、ラットはマウスよりも60 Hz磁界ばく露に敏感ではない、としている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 60 Hz
ばく露2: 60 Hz
ばく露3: 60 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 2 µT - 測定値および計算値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 20 µT - 測定値および計算値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 60 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 200 µT - 測定値および計算値 - -

Reference articles

  • Kim HS et al. (2014): [60 Hz磁界への連続ばく露は継続時間およびばく露量に依存した精巣生殖細胞のアポトーシスを生じる]
  • Kim YW et al. (2009): [マウスの精巣生殖細胞のアポトーシスに対する60Hz、14μTの磁界の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究助成

関連論文