研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ノロジカ(Capreolus capreolus)の精巣組織に対するELF電磁界の影響についてのイン・ビトロ研究] med./bio.

In vitro study of effects of ELF-EMF on testicular tissues of roe deer (Capreolus capreolus) - FTIR and FT-Raman spectroscopic investigation.

掲載誌: Anim Reprod Sci 2020; 213: 106258

この研究は、ノロジカ(Capreolus capreolus)精巣組織に対する、異なる周波数(50 Hz及び120 Hz)、異なるばく露時間(2時間及び4時間)の8 mT磁界の影響をイン・ビトロで調べた。フーリエ変換ラーマン分光法(FT-Raman)フーリエ変換赤外線分光法(FTIR)を用いて、ばく露群と対照群組織の違いを評価した。スペクトル分析の結果、ばく露群では対照群と比較して、精巣組織の特性に差が認められた。異なる生化学成分に帰結されるピークが同定された。異なる周波数及びばく露時間についてのスペクトルの比較では、評価した組織における官能基の大半から、より高いピーク強度が認められた(FTIRスペクトルでは15のピークのうち5つ、FT-Ramanスペクトルでは10のピークのうち6つ)。FTIR及びFT-Ramanで分析したスペクトルの範囲について、PCA分析からの結果は、対照群(2時間及び4時間)と120 Hzばく露群(2時間及び4時間)との間に類似性はないことが示された、と著者らは報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露2: 120 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 8 mT - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 120 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 8 mT - 測定値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文